どんな仕事内容なの?すぐわかる「経理」のお仕事!

経理

経理職は専門性の強いイメージがありますが、学歴や特別な資格が問われるものではありません。実は経理は会社によってやり方が様々。経理部門に配属されて、業務を行いながら仕事を覚えていくのが一般的です。
では、実際、仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

経理の仕事内容とは? さまざまな業務が発生!

業務としては、主に給与計算、売掛金の回収、買掛金の支払い、月次決算書の作成などをこなし、さらに半年や1年ごとに決算を行うのが一般的。
「経理」と言うと、こうした計算を主体とする業務ばかりが目につきますが、仕事は実はそればかりではありません。金銭的な数値の管理をすることによって、発生している経営上の課題を見つけ出すことも仕事の一つです。
こう書くと難しそうに思えますが、簡単に言えば、無駄な出費を見つけるのが経理の役割でもあるのです。

経理になるにはどうしたらいいの?

中途採用の場合は、ほとんどの企業が経験者を求めていることが主。ただし、経験者であれば、学歴や資格の有無は問われないことが多いようです。
第二新卒や未経験者の転職は、最近は募集をしている企業が少なくなっています。ですが、未経験でも、簿記を持っていると(主に2級以上)採用の可能性がぐんと高まるので、未経験から転職したい人は、簿記は取得しておくのが吉です。
ちなみにお給料は、一般的には、経理職の平均年収は400〜450万円ほど。月収にすると30万円前後。一般事務より若干高めではありますが、企業によってもちろん変動はあります。

「経理」と「経理事務」は仕事内容が違う?

経理については上に書いたとおりですが、これに対して経理事務スタッフは、経理の業務のうち事務作業寄りのものを中心に担当します。未経験の募集が多いのもこちらです。
発注を受ける電話対応、見積書や伝票の作成、仕訳帳へのデータ入力、PCを使った給与計算など、経理よりも比較的簡単な、作業に近いような仕事を任せられることが多く、派遣社員にお願いすることも多いようです。
未経験から経理になるには、このような経理事務スタッフの募集に応募し、実務経験を積みながら簿記検定2級以上を取得、専門的な知識とスキルが身に付いたことが認められてから、経理に昇格……という方法がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか? 未経験から経理になるのはなかなか難しいかと思いますが、しっかり勉強をすれば可能性はもちろんあります!
女性であれば、経理の経験があると結婚・出産後の再就職にも有利と言われていますし、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか!




経理