夢のアパレル業界!持っていると有利な資格やスキルとは?

夢のアパレル業界!持っていると有利な資格やスキルとは?

アパレル業界に入ることが夢だという人の中には、どのような職種があって、どんな資格・スキルが必要なのか知らないという方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな疑問を解消できるようにアパレル業界の職種や、有利な資格・スキルについて紹介します。

アパレル業界といっても仕事内容はさまざま!まずは職種を知ることが大切

アパレル業界の職種には様々な種類があり、どの職種を目指すかによって必要な資格・スキルが異なっています。具体的な職種は以下のようなものがあります。

  • デザイナー
  • パタンナー
  • スタイリスト
  • カラーリスト
  • マーケティング
  • マーチャンダイザー
  • バイヤー
  • プロモーション
  • 品質管理
  • 生産管理
  • 研究・開発
  • プレス
  • 販売
  • 広報
  • 営業

例えば、デザイナーの場合、ファッションの基本的な知識を学ぶことができるファッションデザイナー認定試験や、色に関する知識を体系的に学べるカラーコーディネーター検定試験などが必要な資格として挙げられます。さらに、どのようなファッションが人気なのかを調査するマーケティング能力や、現在のトレンドに対する豊富な知識といったスキル・知識なども必要となっています。

アパレル業界を目指す方は、まずどのような職種があるのかを調べ、職種に応じた資格やスキルは何が必要なのかを理解することが大切です。

アパレル業界に就職や転職するのに必ず資格が必要というわけではない

アパレル業界への就職や転職には、資格を持っていなければならないという決まりはありません。持っていることで採用されやすくなったり、希望の部署へ配属されやすくなるといった優遇を受けられることはありますが、必須資格はないケースがほとんどとなっています。

資格が持つ効果や持っていない場合のアピール方法

アパレル業界に関連する資格の多くは、その人の能力を定量的に図ることができるものです。資格を持っていることで、どのレベルのスキル・知識を持っているのかを誰が見ても理解することができます。

そのため、就職の選考時においては採用担当者がその人の能力を資格を見て把握できるので、採用すべきかどうかを判断しやすくなります。しかし、中には資格を持っていなくても十分なスキルと知識を持っている方がいます。このような方の場合、自身のスキル・知識を具体的にアピールできる材料(自身の作品や実績等)を採用担当者に見せることで、効果的にアピールをすることができます。このアピール方法は未経験者でも同様で、志望するアパレル業界の職種において、前職の経験から活用できるスキル・知識があれば、具体的に目に見える形でアピールすることが大切です。

アパレル業界のどの職種についても優遇される資格やスキルとは?

いくつもあるアパレル業界の職種において、どの職種・部署であっても役に立つ資格がいくつかあります。以下のような資格が該当します。

  • 語学関連の資格
  • パソコン関連の資格
  • ファッションに関する知識
  • ファッションセンス
  • コミュニケーション能力

アパレル業界では、自身でデザインした作品をデータとして保存したり、業務上必要なデータのやり取りや保管など、パソコンを扱うことが多くなっています。そのため、パソコン関連の資格であれば、何かしら持っているだけでも様々な場面で役に立つケースが多い傾向にあります。さらに、どのような職種においても、ファッションに関する知識やセンスは重要です。アパレル業界で扱う商品・サービスはどれもファッションに関連するものが多く、基本的な知識だけでも持っていることで専門用語や仕事内容を理解しやすくなります。

アパレル業界でデザイナーを目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界におけるデザイナーとは、その時期のトレンドを活かしたデザインを作成したり、新しいファッションを世の中に出すといったクリエイティブな仕事です。場合によっては企画から製造工程まで関わるため、デザインに関する知識以外も求められることがあります。

具体的な仕事内容

デザイナーの仕事はデザイン画を描くだけにとどまらず、商品のコンセプトを決めたり、素材の選定、商品の製造にかかるコストを考慮するといった様々な仕事があります。

また、デザイナーの力量が試されるデザインの作成においては、まず季節ごとに集めた情報やイメージソースなどを元にして自分の作品集(ポートフォリオ)を作成します。次は、この作品集を元にデザイン画を作成することで、商品のサンプルが完成します。あとはこのサンプルに改良を加えながら商品として完成させていきます。

おすすめの資格と求められるスキル

まず、デザイナーを目指す方におすすめの資格として、色彩検定があります。この資格は人間が持つ色彩に関する知識や感覚等を理論に基づいて学ぶことができます。実践的にも活用しやすく、取得後にはすぐ現場で応用することができるため人気の高い資格です。

そして、求められるスキルにはプレゼンテーション能力が挙げられます。デザイン力ももちろん大切ですが、自身で考えたデザインを商品として形にするには、まず企画会議等で自身の案を通す必要があります。そのためには、デザインの魅力や特徴の他、いかにビジネスとして成り立つかを説明するプレゼンテーション能力が求められます。

アパレル業界でパタンナーを目指す人におすすめの資格やスキル

パタンナーとは、デザイナーが作成したデザインを型紙(パターン)におこす職種を指します。

パタンナーの仕事内容

一般的に販売されている服飾製品は、どれも立体的な形で販売されていますが、どの商品も企画の段階では平面上のデザイン画やサンプルです。この平面上のデザイン画から立体的な服を作成するために、型紙を作成するのがパタンナーの仕事となっています。

おすすめの資格と求められるスキル

パタンナーの資格には、パターンメイキング技術検定というものがあります。この資格を取得しておくことで、パタンナーに必要な基本的な技術・知識を学ぶことができるため、パタンナーを目指す方が多く取得しています。

そして、パタンナーは理解力とコミュニケーション能力が求められます。パタンナーが仕事をするとき、デザイナーが考えるデザインを型紙として作成する必要があるので、デザイナーの話している内容を十分に理解できる力が必要です。さらに、デザイナーの考えを積極的に理解しようとする際は、密な打ち合わせが必要となってくるため、コミュニケーション能力も求められます。

アパレル業界でスタイリストを目指す人におすすめの資格やスキル

スタイリストは、テレビや映画の撮影等に出演する俳優やタレントの服・アクセサリーをコーディネートする仕事です。

スタイリストの仕事内容

番組・映画等の目的や雰囲気に合わせて全体的なスタイルを決定し、自身が持つセンスで具体的にどのようなアイテムを身につけるのかを選んでいきます。また、服やアクセサリーをアパレルメーカーから借りることが多いため、最終的な返却も仕事の一つです。

おすすめの資格と求められるスキル

スタイリストにはファッション色彩能力検定やカラーコーディネーター検定試験の資格が大切です。ファッション色彩能力検定では色彩に関する理論や配色方法などの知識を身につけることができ、カラーコーディネーター検定試験では色の性質や特性の他、色が持つ効果について学ぶことができます。

また、スタイリストはファッションに関する最新情報の収集力や現場で臨機応変な対応力といったスキルが求められます。

アパレル業界でカラーリストを目指す人におすすめの資格やスキル

カラーリストは、顧客の目的やTPOに合わせた服の色彩に関してアドバイスを行う仕事です。

カラーリストの仕事内容

色彩の意味やイメージ等を考えて、顧客の要望を実現するための色彩を提案します。例えば、企業が展開している商品・サービスの売上を伸ばすことを目的として、色彩の活用方法を提案したり、パーソナルカラーを見つけるといった仕事を行います。

おすすめの資格と求められるスキル

パーソナルカラリスト検定やカラーコーディネーター検定はより専門的に色彩の知識や技術を学ぶことができるため、人気の資格です。

また、カラーリストは顧客との話し合いの中で要望を聞き出す必要があるため、コミュニケーション能力や顧客の要望を叶えるための提案力などのスキルが求められます。

アパレル業界でマーケティングを目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界におけるマーケティングは、消費者の興味・関心といった情報を商品製作前に収集し、企画立案や商品の製造量を決定、プロモーションへの活用などを行います。

マーケティングの仕事内容

マーケティングの業務では消費者から情報を集めるため、アンケート調査や消費者へのインタビューが行われます。そして、集計した情報を元に報告書を作成し、商品販売のための企画を立てます。

より効果的に商品を売るために、様々な年齢層・性別の顧客から情報を集め、顧客が求めるものは何かを分析することもマーケティングの仕事です。

おすすめの資格と求められるスキル

マーケティングでは情報を集め管理する必要があるので、パソコンに関する資格を持っていると業務へ役立てることができます。

また、顧客から集めた情報を企画立案やプロモーションへ活用するために、情報を分析する能力が求められます。

アパレル業界でマーチャンダイザーを目指す人におすすめの資格やスキル

マーチャンダイザーの業務では商品のラインナップや販売スケジュールの企画といった、販売戦略を練る仕事を行います。

マーチャンダイザーの仕事内容

まず市場やトレンドの調査を行い、集めた情報を元にどのような商品が売れるのかを予測します。そして、実際に販売する商品の素材や価格、カラーといった詳細な販売計画を立案していきます。最後に具体的な生産計画を組んで、商品を売り場まで届けるのがマーチャンダイザーの一通りの仕事です。

おすすめの資格と求められるスキル

マーチャンダイザーは商品が販売されるまでの一連の流れを知っておく必要があるため、ファッションビジネス能力検定試験という資格を取っておくことが大切です。この資格を取得することで企画・生産・流通といった幅広い知識を得ることができるので、マーチャンダイザーの仕事に活かすことができます。

また、マーチャンダイザーはファッションだけでなく、ビジネスの成り立ちや経営に関する知識も必要です。そのため、経営センスやビジネススキルが求められます。

アパレル業界でバイヤーを目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界のバイヤーは、店舗などで販売する商品の仕入れを担当するポジションです。

バイヤーの仕事内容

バイヤーの仕事はまず、トレンドのリサーチと情報収集です。顧客の購買傾向を把握し、顧客の情報を分析することで、どの商品を販売すべきかを選定することができます。商品を選定したあとは、メーカーや商社から仕入れを行い、実際に店頭に並べる際の価格を決定します。

おすすめの資格と求められるスキル

バイヤーの仕事では、海外のメーカーや商社に仕入れに行く機会もあります。そのため、語学関係の資格を取っておくと仕事に活用することができます。

また、バイヤーは店舗で売れる商品を仕入れる必要があるため、店舗運営に関する知識・スキルが求められます。

アパレル業界でプロモーションを目指す人におすすめの資格やスキル

プロモーション業務は、マーケティングの一部として行われることが多く、商品の販売促進を目的とした宣伝・広報活動をメインに行う仕事です。

プロモーションの仕事内容

プロモーションの役割は大きく分けて二つあります。一つは商品に関することをできるだけ多くの人に知ってもらうことで、もう一つは顧客に商品を買ってもらうための動機付けです。プロモーションではこれらを達成するために、折込チラシやWeb広告など様々な手法で宣伝を行います。

また、商品を購入することのメリットや特徴を顧客に伝えることもプロモーションの仕事です。

おすすめの資格と求められるスキル

SNSやブログ等を通じてプロモーションを行う企業が増えているため、Web関連の資格を持っているとより実践的に仕事へ活用することができます。また、プロモーションはどのような手法を取れば商品をより効果的に宣伝することができるのかを考える必要があります。そのため、マーケティング戦略や販売戦略などができる人材が求められています。

アパレル業界で品質管理を目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界における品質管理の仕事は、販売する商品がアパレル企業や販売店が定めている品質管理基準を満たしているかどうかをチェックすることです。

品質管理の仕事内容

具体的には、服の素材があらかじめ定められた混率(綿やシルク等の比率)に合っているかどうかや、使われている素材が色落ちしないかどうかといったことをチェックします。

場合によっては、法律にのっとって正しく表示されるべきデータをチェックすることもあるため、これらをチェックする品質管理は重要な仕事です。

おすすめの資格と求められるスキル

繊維製品品質管理士(TES)試験は取得することで、商品に使われる繊維に関して専門的な知識と技術を学ぶことができます。その専門性の深さから、取引先にも安心感を与え、スムーズに品質管理の業務を進められる資格となっています。

また、品質管理は綿密な作業や責任感が伴う作業が多くあります。そのため、高い集中力が必要とされる仕事です。

アパレル業界で生産管理を目指す人におすすめの資格やスキル

生産管理の仕事は、商品を販売する上で、いかに効率良く利益をあげられるかを考えることです。

生産管理の仕事内容

アパレル業界の生産管理では、決められた販売計画を元に、必要な人員や設備から生産能力を計算することで製造までにかかるプロセスを管理します。各工程に対し、納期目標や保たれなければならない品質等を細かく指示して、コストを抑えつつ十分な利益が出る仕組みを考えていきます。

おすすめの資格と求められるスキル

生産管理の業務では、海外にある工場と打ち合わせするケースがあります。そのため、英語や中国語など語学に関連する資格を持っていると重宝される存在になることができます。

また、各工程が効率良く稼働するように調整する仕事でもあるので、あらゆる部門との交渉力やコミュニケーション力も必要とされます。

アパレル業界で研究や開発を目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界の研究・開発の業務では着心地や吸湿性のある服等の商品開発に取り組んでいます。

研究や開発の仕事内容

アパレル業界の研究や開発の仕事は、商品を買った人が快適に過ごせるような服の研究・開発に勤しんでいます。あらゆる繊維の混率を調整したり、快適な着心地が実現できる形状を検討する等、目的の機能が備わった服を開発するまで長い年月をかけて研究します。

おすすめの資格と求められるスキル

何を専門とするかにより必要な資格は変わってきますが、例えばCAD利用技術者試験を取得すると、開発中の服に関する細かいデータを具体的に目に見える形にすることができるため重宝します。

また、研究・開発はトライアンドエラーの繰り返しとなっているため、根気強さや綿密な計画を立てられる人材が求められます。

アパレル業界でプレスを目指す人におすすめの資格やスキル

プレスとは、アパレル企業のブランドイメージや商品のブランドコンセプトをPRする仕事を指します。

プレスの仕事内容

ブランドコンセプトをわかりやすく伝え、顧客が商品を購入するようなPR方法を検討します。さらに、コンセプトが正しく表現され顧客に伝えられているのかを確認することも仕事の一つです。具体的には、雑誌や展示会、ファッションショー等で商品を貸し出すことによりブランドイメージ、コンセプトを展開していきます。

おすすめの資格と求められるスキル

効果的にブランドコンセプト・イメージを伝えるためには、ファッションに関する知識が必要です。そのため、ファッションに関する基本的な知識が学べる資格を取得していることにより、業務に活かすことができます。

また、商品を宣伝するために必要な人脈や他部署との連携を取るためのコミュニケーション能力等も求められます。さらに、自身がブランドの顔としてメディアに露出するケースもあるので、自己プロデュースできる力も大切です。

アパレル業界で販売を目指す人におすすめの資格やスキル

販売の仕事は、店舗の売り場作りや接客といった商品を直接提供することです。

販売の仕事内容

販売のメインとなる仕事は接客です。商品の購入を検討している顧客へのアドバイスやサービスを行い、購入を促します。さらに、顧客のニーズを聞き出し、何を求めているのかを把握することも重要な仕事です。

また、店内を清潔に保ち、商品のコンセプトを考えたディスプレイを行うといった売り場作りも販売の仕事となっています。

おすすめの資格と求められるスキル

販売業務を行う上で取得しておきたい資格の一つとして、ファッション販売能力検定があります。商品を販売するための必要な知識や店舗運営に関しても学ぶことができるため、販売を行うスタッフが多く取得している資格です。

また、販売は顧客と直接話しながら接客を行う業務なのでコミュニケーション能力は重要なスキルとなっています。

アパレル業界で広報を目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル企業の認知度を向上させたりブランディングを目的として、イベントの企画や広報物を制作するのが広報です。

広報の仕事内容

広報の仕事は、様々なメディアを通じて企業だけでなく商品の情報を発信します。業務の種類には社内広報と社外広報があります。社内広報は社員に向けて情報を発信します。例えば、TV・雑誌から取材を受けたことを報告したり、社内の業績等を報告しています。

社外広報はメディアからの取材対応やトラブル対応等が主な仕事です。場合によっては広告代理店やマスメディアと良好な関係を築くために接待を行うことがあります。

おすすめの資格と求められるスキル

広報の仕事を進める上で役に立つ資格として、PRプランナーがあります。この資格を取得することで、広報に関する専門的な知識を得られる他、定期的に勉強会や交流会に参加することができます。

また、広報は社内・社外の様々な方と交流する機会があるため、コミュニケーション能力が求められます。さらに、PR方法を立案するアイデア力も大切です。

アパレル業界で営業を目指す人におすすめの資格やスキル

アパレル業界の営業は、一般的な消費者ではなく、小売店や卸業者に向けて商品を販売する仕事を行います。

営業の仕事内容

営業の仕事では自社の商品を店舗で取り扱ってもらうために、顧客が求める商品を紹介したり、新商品をアピールします。そして、購入してもらうことができれば、商品の発注から納品までの手続を行います。
また、販売を促進させるための販促イベントの企画や展示会での商談も営業の仕事です。

おすすめの資格と求められるスキル

アパレル業界の営業はファッションに関する知識を一通り持っていることが大切です。そこで、ファッションの知識を体系的に学べるファッションビジネス能力検定の資格を取得していれば、関連する専門用語や必要な知識を一通り学ぶことができます。

また、営業は商談を進めるためにコミュニケーション能力が求められますが、特に必要なスキルは顧客のニーズを理解し、適切に提案できる力です。

企業の目に留まるなら資格やスキルだけではなく自己アピールも必要

ここまでアパレル業界の職種別におすすめの資格と求められるスキルを紹介してきました。しかし、就職・転職するため、企業の採用担当者の目に留まるには、いかに企業研究をしてきたのかをアピールすることも大切です。仮に未経験で就職・転職を希望していたとしても、入社したい熱意や意思を伝える必要があります。

具体的なアピール内容として、以下のようなことが挙げられます。

  • 沢山あるアパレル業界で、なぜ他の企業ではなく志望企業を選んだのか
  • 実際に商品を販売している店舗に足を運んだときの印象(ネガティブな内容は控えましょう)
  • 他の企業(ブランド)と比べて良い点や、商品のメリット
  • 企業商品を使った独自のスタイリングやコーディネート
  • ファッション業界ならではの専門的な質問

アパレル業界に転職するなら自分の思いを明確にすることが大切

アパレル業界への転職を希望している場合、どうしてその企業でなければならないのか、志望先の企業で自分は何をしたいのかを明確にするようにしましょう。アパレル業界は様々な企業が存在します。どの企業にも言えるような志望動機では、そこで働きたいという意思がうまく伝わらず、採用担当者の目に留まらない恐れがあります。

また、現在アパレル業界に関するスキルや知識を持っていない方は自分で目標を設定して、その目標に向けて資格取得やスキルアップすることから始めていきましょう。アパレル業界では専門的なスキルや資格が必須という訳ではありませんが、資格・スキルを持っていればやりたい仕事や自身が希望する部署に配属されやすくなります。

夢のアパレル業界!持っていると有利な資格やスキルとは?