営業から事務への転職は簡単ではない?!未経験で採用されるために知っておくべきこと

営業から事務への転職

営業職からの転職先として、営業という仕事に疲れた方や、全く異なる仕事がしたいという方にとって事務は有力な候補のひとつですよね。とはいえ未経験で事務職に就くのは、実はそう簡単ではありません。そこで今回は、営業から事務へ転職するためのノウハウを解説していきたいと思います。

未経験で事務へ転職するのが難しいのはナゼ?

とにかく倍率の高さがネック

営業から事務への転職事情として、最も選ばれている職種が事務系の仕事。営業から事務への転職を考える人は意外と多いのです。異職種からの転職者というだけであって、事務職未経験の人も多くいます。

ですが、そもそも事務職は非常に人気の高い職種です。経験者も多く、ベテランと呼ばれる人もいます。そのなかで未経験者が勝負しないといけないわけですから、転職が簡単ではないのは明白なのです。

前職が営業職だから故に難しい?!

営業職と言えば体育会系、と勝手なイメージを持たれがち。実際に外回りもしていますし、分からないでもないですが……。ですが、事務系の仕事で働く人のイメージは真逆ですよね。そのため、人事担当者からも体育会系のイメージのある人材というだけで敬遠されやすいのです。面接などであまりに積極的過ぎると、逆に引かれてしまう場合もあるんだとか……。

ですが、もちろん営業から事務への転職の門戸が閉じられているわけではありません。自分に合った求人を選んだり、独学の勉強に励んだりすることで、道は開けます。

営業から事務への転職