人間関係を円滑に!コミュニケーション能力が高い人の特徴とは

コミュニケーション能力

職場の仲間と接する時に、必ずと言って良いほど必要になってくるのが、コミュニケーション能力。営業や接客に従事する方の場合は、業務上も円滑なコミュニケーションが求められます。ここでは、コミュニケーション能力が高い方とそうでない方の特徴を挙げて解説していきます。

特徴1.相手に興味や関心を持つ

コミュニケーション能力が高い方の特徴として挙げられるのが、相手に興味や関心を持っているという点です。人は、自分に興味や関心を持ってくれた相手に対して好感を抱きやすい傾向があります。このような相手に対しては、自身を理解してくれている、といった感覚を覚えるため、心を開いてコミュニケーションに臨みたくなるのが一般的。コミュニケーション能力が低い方の場合、この手の相手への興味や関心が弱いという特徴が。そのため、コミュニケーションにおいても問題を抱えることが多くなります。コミュニケーション能力を高めるためには、出来るだけ相手に関心を向ける必要があるでしょう。相手から学べることや、自分が役に立てることはないかを探ってみると、自然に相手に関心を向けられます。相手と自分の共通点、相違点について考えてみるのも1つの方法です。

特徴2.話の聞き方がうまい

相手の話を聞くのが上手という点も、コミュニケーション能力が高い方に共通している特徴です。コミュニケーション能力が高い方は、話をしている間に絶妙なタイミングで相槌を打ちます。頷く回数が多く、相手は自分の話をしっかりと聞いてくれているという安心感を持ちます。お互いの共通点を探して、会話を盛り上げるのもコミュニケーション能力の高い方が良く行うアプローチです。また、相手が興味を持っているトピックに目を向けて、敢えて会話の中で取り上げるといったアプローチも行います。興味のあるトピックを掘り下げて、会話を広げていくのが1つのスタイルと言えるでしょう。コミュニケーション能力が低い方の場合は、話の聞き方も通り一遍になりがち。話の内容も表面的なものに終始しますので、相手の考えや意見を引き出せないことが増えてきます。このような傾向は、時にコミュニケーションのネックになります。

コミュニケーション能力