百貨店ではどんな仕事をするの?内部の職種を大公開!

百貨店ではどんな仕事をするの




洋服や雑貨、家具から食品に至るまで、実にあらゆる商品を取り扱っている百貨店。人々が生活するうえで必要なものや、その生活をさらに豊かにしてくれるものも販売しています。そんなたくさんのものが販売されている百貨店では、様々な仕事があります。今回は、その「様々な仕事」の実態に迫っていこうと思います。

百貨店で行われている仕事とは

①百貨店の花!販売職

メイクショップやファッション店に立ち、お客さまに対して接客をする、最も目につきやすく、百貨店の花とも言われている仕事です。

多岐にわたるお客さまのニーズをしっかりヒアリングし、その時々のお客様が求めている商品やサービスを提供するのが主な業務です。販売職は裏方の仕事もあり、在庫管理や伝票管理、店舗の清掃や、よりよく、より美しく見えるレイアウトを考えるなど、実は細かな事務的仕事も多いのです。

百貨店に勤めている正社員もいますが、派遣・契約社員も多いのが販売職の大きな特徴とも言えるでしょう。

②トレンドをリサーチ!バイヤー職

別の業界では、いわゆる「仕入れ」と言われている仕事です。百貨店と言えど、毎年移り変わるトレンドや人気商品を取り入れたラインナップをそろえねばなりません。季節によって売れ筋商品や、人気商品も変わってきます。

それらの情報をいち早くリサーチし、どの商品をどれくらい、いつ仕入れるかを考えるのがバイヤーの仕事。お客様の前に立つことはほとんどありませんが、実は服飾・食品など、どの販売職種にもバイヤーがしっかりついています。その店の売れ行きはバイヤーの腕が決めると言っても過言ではない、やりがいのある仕事です。

③百貨店でも活躍!営業職

百貨店で営業?と不思議に思う人もいるかと思います。

百貨店ではお歳暮やお中元にギフトカタログを発行していますよね。そこへ掲載する商品を探したり、まだ発掘されていないような人気個人店などを回るのが営業の仕事と言えます。

その他にも、お得意様と呼ばれる法人や個人に対して、希望に応じて直接訪問するケースもあるんだとか。一般的な外回り営業やテレフォンアポイントとは違いますが、百貨店にも「営業」という販促の職業も存在しているのですね。

④縁の下の力持ち!管理系職業

直接商品に関わるだけが百貨店の仕事ではありません。社員が働くための地面をしっかり固める、一般職の人もたくさんいるのです。

一般企業と同じように、社員を支えるための総務部や、財政を担う経理・財務部、人の移動や面接、採用などを引き受ける人事、ポスターを作成したりキャンペーンを打つ広報などもあります。

こういった職業に就きたい場合は、基本的には派遣や契約社員では難しい場合が多いので、正社員を狙いましょう。新卒入社以外にも、中途採用も併せて行っている場合が多いので、狙っている百貨店があれば、求人情報はまめにチェックしてみてくださいね。

まとめ

百貨店では、本当にさまざまな仕事が合わさって空間が出来上がっています。立ち位置によって、仕入れができたり、販売ができたり、はたまた裏方の仕事をしたり。すべての従業員が、その百貨店を支えているのです。

もし百貨店に買い物に行く機会があったら、こういった観点から商品を見てみると、面白いかもしれませんね。

 






百貨店ではどんな仕事をするの