就活生必見!総合職・一般職・専門職の違いとは

総合職・一般職・専門職

就職活動をしていると、募集職種の欄に「総合職」「一般職」「専門職」と書かれているのを目にしますよね。専門職はなんとなくわかるような気がしますが、総合職と一般職は一体何が違うのでしょうか。せっかく内定を貰ってから、「思っていた仕事と違う!」なんて、がっかりしたくないですよね。そんなことにならないために、この記事では上記の三職種についての違いを見ていこうと思います。

 

「総合職」の仕事内容

企業において総合的な業務を担う仕事

総合的な業務、と言われても、漠然としているように思えますが、読んで字のごとくなのです。総合職は、会社における様々な仕事を一手に担い、移動や転勤などもこなしながら(これは会社によって違う場合もありますが)働く仕事です。

基本的に適性に応じて部署に出向という形で配属され、会社の中で本当にいろいろな仕事を経験します。ゆえに仕事量も多く、お給料も高い職なのです。

 

将来的に会社を支える幹部候補でもある

総合職として多くの部署をこなす社員は、将来は会社の核を担う幹部候補生でもあります。上で会社を支えるためには、一つの部署の知識だけでは行き届かないが故、会社の利益になるにはどのような仕事を、どんな風にこなせばいいかを学んでゆく仕事でもあります。

 

「一般職」の仕事内容

一般職は「事務仕事」がベース

業務区分としての一般職は、基本的には事務仕事が多く、総合職よりも仕事量・お給料が少ないのが特徴です。

総合職が幹部候補生だとすれば、一般職はそのサポートであるとも言えます。こう書くと、総合職のほうが偉いように思えますが、そんなことはありません。総合職と一般職では、目指しているキャリアの方向性が異なっているのです。

 

一般職はプライベート重視の働き方

総合職が、業務が多岐にわたり出向や転勤、残業が多い仕事なのに対して、一般職は残業も少なめで、ほとんど転勤や出向・部署移動もなく、仕事自体も難易度の高いものが少ない仕事です。つまり、「仕事とプライベートを両立させたい」「プライベートでやりたいことがある」という人は、圧倒的に一般職のほうが向いているということになります。

総合職・一般職・専門職