第一印象を決める!女性の転職用面接時の髪型

面接髪型

面接の時の第一印象は、合否を決める際に重要な影響を与えます。女性の場合はメイクや髪型で雰囲気を変えやすいですが、選択肢が多いため迷うこともあります。こちらでは、転職活動におけるおすすめの髪型をご紹介していきます。

スタイリング前にも鏡でチェック!

女性の場合、髪型は面接において印象を大きく左右します。そのため、当日のヘアスタイルだけでなく、日ごろから髪質にも気を配っておく必要があります。特に、転職活動をしている人の大半は、現在進行形で働きながらキャリアアップの場を探しています。そのため、面接のときにいくらきちんとした髪型をしていても、髪が傷んでいるのが見えると、日ごろ働いている時に身だしなみに気を付けていないと思われる可能性が高いです。
当日までにチェックしておきたいポイントの一つが、髪の色です。面接のときはブラックやダークブラウンなど、元の髪色に近い状態にしておく必要があります。アパレルやデザイン系の華やかな職業であっても、面接の時のファッションとしてはマイナス評価される可能性があるため、染め直しておくことをおすすめします。白髪が目立つ場合にも、そのままにせずにきちんと染めておきましょう。
それから、髪質自体も重要です。綺麗にスタイリングしていても、髪の毛自体がぼさぼさになっていたり、ツヤがなかったりすると本人が疲れている、または不潔なイメージになりやすいです。トリートメントやヘアオイルなどで毎日のケアでツヤを取り戻し、必要に応じて美容院でケアしてもらうとよいでしょう。
最後に、前髪の長さもあらかじめそろえておきます。前髪が長すぎて目が隠れると、暗い人、マイナス思考の人に見えてしまいます。面接のときははきはきと明るく答える人が異なれますので、眉毛が隠れるくらいの長さにそろえ、目がしっかり見えるようにしましょう。前髪を作っていないときには、セットするときに前髪を上げて額を出すのも好印象です。

面接髪型