上手に人を褒めるためには 褒める言葉をかけるコツ

褒める言葉




誰しも、褒められたらうれしいものですよね。ですが、あからさまなお世辞や、褒められても嬉しくないポイントを挙げられてしまったら、せっかくの褒め言葉も水の泡。社会人として部下や上司を褒めるにも、付き合っている人や好きな人を褒めるにも、やはりそういった「褒める言葉」の見極めは必要になってきます。

そこで今回は「上手に人を褒めるための言葉」について、いろいろな側面からまとめてみました。

どうして褒める言葉を選ばないといけないの?

相手のためではなく自分のためになる

あなたにとって「他人を褒める言葉」というのはどんなイメージを持っていますか。上司を持ち上げる言葉でしょうか。部下を動かす言葉でしょうか。恋人をあやす言葉でしょうか。基本的には「相手を喜ばせるため」と思っている方が多いと思います。

ですが、褒める言葉というのは、相手だけではなく自分自身にもメリットがあるのです。

あなたが誰かを「本当の意味で」褒めようと思った時、きっと相手のいいところを探すはずです。実は、人は、他人の悪いところを見つけるのは簡単でも、いいところを探すのは難しいもの。良いところを探せると、あなたのことを他人が見るときも「この人はしっかり褒めてくれる」「この人はいいところを見付けてくれる」とポジティブな印象を持ってくれるのです。

だからこそ、適当な褒め言葉は逆効果

心からの褒め言葉が届くと本当にうれしいのと反比例して、うわべだけの褒め言葉というのは人に悪意を覚えさせます。たとえば、仕事があまりうまくできなかった日に、「仕事がうまくいっていたね」とか、メイクの薄い日に「お化粧が上手だね」とか。そこに悪意がなければ、聞いている人も分かります。「ああ、私のあの仕事ぶりを見てたのかな」とか「薄めのメイクが好きなのかな?」とか。

ですが、「褒めておけば喜ぶだろう」「何か適当に言っておこう」というような薄っぺらな感情も、相手には伝わるのです。だからこそ、褒める言葉はしっかり選ばなくてはなりません。

褒め上手になるには「具体的」がキーワード

どうやって褒めれば喜ばれるの?

とはいえ、褒める言葉を見極めることは最初はなかなか難しいもの。どうやって褒める言葉を選べば、相手が喜んでくれるのでしょうか。

「いいね」「すごいね」は連発しない!

相手を褒めるとき、感嘆詞だけで褒めてしまう人がいます。「わあ、すごーい!」「素敵!」「かっこいい!」などです。

これらは一見すると、簡単に相手を褒めることが出来ていい言葉のように思えますが、多用するのはNG。最初の一回は嬉しく思えても、毎回毎回同じ言葉で褒められると、あなたが本当にほめたいと思っていても相手は「本当にすごいと思ってるの?」と勘ぐってしまうのです。

褒める言葉には「具体的」なワードを入れよう

では、どのように褒める言葉を作れば、相手にあなたの「褒めたい!」という気持ちが素直に伝わるのでしょうか。ポイントは、「具体的な言葉を用いる」ということです。

では、上記のであげた薄っぺらい褒め方の例を、具体的に褒めてみましょう。

仕事のことを褒めるのであれば「今日は大変そうだったけど、あの書類の出来は良かったよ」「失敗しちゃったけど、君はいつもしっかりできているから、次は大丈夫だよ」といった具合にしてみます。

外見を褒めるときは、「いつものお化粧も可愛いけど、薄めのメイクも似合うね」「今日の髪型、少し薄めのメイクと会ってて可愛いね」など。とにかく、あなたが「どこを」褒めたいのかを明確にするだけで、こんなにも印象が違ってくるのです!

褒める言葉を選んであなたもランクアップ!

人を褒めるだけでも大変なのに、さらに具体的に褒めることは、間違いなく難しいものになるでしょう。なぜなら、褒めたい相手のことをしっかり見ていなければならないためです。ですが、そのやり方を会得してしまえば、相手の心をぐっとつかむことが出来ます。褒め凝る言葉を選ぶのが上手な人は、仕事でも恋愛でも成功しやすい人。

たくさんの「褒める言葉」を探して、あなた自身もランクアップさせてください!

 






褒める言葉