【短期集中連載・第1回】たくさん転職するのは、正しいことなのか?【文筆家/岡田育】

岡田育

ランウェイウォーカーズをご覧の皆様、初めまして、岡田育と申します。このたび「転職を考えている女性へ」というお題をいただいたので、自分の体験を書いてみたいと思います。

現在、私はニューヨークに住んでいます。日本語でエッセイを書いたり、英語圏向けにデザインの仕事をしたりしています。いわゆる二足の草鞋というやつですが、現状なかなかにアンバランスで、あまり大きなことは言えません。「こうすれば必ず上手くいく!」と働き方をアドバイスできるほど、自分自身の生活が安定していないんですね。

今の私は「フリーランス」という形態で仕事をしています。響きだけ聞けば素敵ですが、組織に属さず、その場その場の契約限りで保障もなくフラフラ働いている、という意味です。呼ばれて行った先で頼まれたことを何でもやって、その分だけ報酬を受け取る毎日。医師や弁護士のように資格があるわけでもなく、何年続けても確固たる専門性を築くのは難しい、そんなジャンルの仕事ばかりです。

肩書は日によって、一日の中でさえ、ころころ変わります。顔も名前も表に出るような仕事と、どこにもクレジットの残らない裏方仕事とが混在していて、秒速で大金を稼ぐ案件もあれば、何年も仕込んでいるのにまだ一銭にもなっていない案件もあります。数年後に同じことをしていて食っていける気もしないので、お声が掛かったら取り急ぎ、どこへでも飛んでいって、何でもするようにしています。

岡田育