【短期集中連載・第4回】自分で自分の仕事をデザインするためには?【文筆家/岡田育】

岡田育




新卒入社した出版社を辞めて、二つ目に勤めた会社は2年半ほどで一旦解散。その頃にはエッセイの仕事が増え、テレビ番組に出演するようにもなり、合間に結婚したりもして、やっと新生活が落ち着いたかと思いきや、アメリカへ引っ越すことになりました。「ああ、私はもう、日本で会社勤めをする人生には戻らないのか……」と思いながら、船便の手配をしたり、留学手続きをしたりしていたのが、3年ほど前のことです。

 

私は今も求職活動を続けています。といっても、日本語の響きから想像されるものとはずいぶん違うかもしれません。まず、まったく英語の話せない35歳がいきなりアメリカで現地企業に転職するのは難しいので、大学へ入って勉強し直すことにしました。専攻をグラフィックデザインにしたのは、手に職をつければ比較的容易に言葉の壁を超えていける分野だという、極めて個人的な手応えがあったからです。

 

アメリカも或る意味では学歴社会、競争の激しい専門技術職に就くためには関連する学位が必須で、出身校のブランドが如実に就職に響きます。よほど有力なコネでもない限り、名門大学を成績上位で卒業するのが成功への最短距離。私の通った学科にも社会人学生と外国人留学生が多く、みんな転職の切符を掴むために学問に励んでいました。同級生には、大手広告代理店の正社員ポジションを掴んだ勝ち組もいれば、祖国へ帰って自分のデザイン会社を立ち上げた遣り手もいます。でも、卒業後の進路として一番多いのは、やはりフリーランスだと思います。

 

私も卒業後、デザイナーやブランドコンサルタントとして働いていますが、いわゆる「会社員」ではありません。個人名義の名刺とポートフォリオを持ってあちこちのクライアントへ出向き、その場その場で契約を交わして求められた仕事をした後、請求書を立てて報酬を支払ってもらう、という形態です。

 

首から入館証を下げて同僚とランチに行ったりして、まるで何年も勤めているような顔をして大企業のオフィスに出入りすることもあります。でも所詮は契約スタッフ。一週間、一ヶ月、あるいはプロジェクトが終わるまで、机を間借りしているだけのドライな関係です。仕事の依頼も「納期がやばいんだけど明日から来られる?」「途中で辞めちゃった前任者の代わりに全部やり直して!」「あなたに頼むともっと安く作れるって本当?」といった無茶振りが多く、時には「忙しいから無理!」ときっぱり断らないといけません。

 

クリエイター向け転職サイトを眺めてみても、職歴の浅い私が応募できる求人は「急募」「短期」「パートタイム」「フリーランス」ばかり。日本のように新卒一括採用の仕組みがないため、誰もがずーっと転職活動を続けながら、いつでも辞められる働き方を維持し、少しでも条件の好い仕事で少しでも長く稼げるようにと、チャンスを窺っています。世の中には私のように「フラフラ働いている」いい年をした大人が、結構いるわけです。

 

そうやって回る小さな世界では、短期間で実績を出してサッと転職し、さまざまな仕事を経験した実績をたくさん持っているほうが有能、という価値観が生まれます。他の業界では事情が全然違うでしょうが、何十年も同じところに同じ条件で勤めている人材というのは、他の会社からヘッドハンティングされなかった、要領の悪い冴えない奴、という印象を持たれることもあるのです。

 

渡米前に思い描いていた理想の働き方は、「平日の9時から17時まで会社に勤務し、残り時間で日本語エッセイの仕事をする」というものでした。日本国内で続けてきた、そんな労働モデル以外に思い浮かばなかったんですね。でもこちらでは、毎日定時に出退勤することと福利厚生とは無関係だし、どんな雇用形態だろうとクビになるのは一瞬です。社員か否かにこだわるよりも目の前のギャラをふっかけたほうが早いな、と考えが変わるようにもなります。

 

大学在学中、30代半ばにして「実質無職」の優雅な時間を過ごしたおかげもあって、変な焦りも消えました。出張や旅行で頻繁に不在にすることを考えると、役職付きのフルタイム勤務ばかりが人生の正解ではないのかもしれません。若い頃と違って、もう誰かに働き方の「お墨付き」をもらう必要はない。「誰にも認められなくたって、俺自身の力で社会に漕ぎ出してやる!」という気概を、40手前にしてようやく手にできたように思います。

 

正直言って、私はフリーランスにはまるで向かないタイプです。ただ、結婚や転居まで含めた急激な環境変化に伴うここ数年のキャリアを振り返ってみると、我ながら結構うまくいっていて、そうマズい判断もしなかったと思います。生まれ持った向き不向き以外にも、その時々、しっくりくる働き方というのはあるのです。

 

今のような生活を何歳まで続けるのかはわかりませんが、会社勤めとフリーランス、それぞれのいい面と悪い面を30代のうちに両方経験できたことは、将来的にもよい糧となるでしょう。その点だけとっても、やっぱり「転んだほうが、よかったな」というふうに考えています。皆さんの転職のご参考となれば幸いです。

 

岡田育(おかだ・いく)
文筆家。出版社勤務を経てエッセイの執筆を始める。著作に『ハジの多い人生』(新書館)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)、二村ヒトシ・金田淳子との共著『オトコのカラダはキモチいい』(角川文庫)。現在はNY在住。
http://okadaic.net/

岡田育






岡田育