正論ばかりだと疲れる!正論を言う人の特徴とは

正論 疲れる

正論を言っているはずなのに、なぜか人から嫌われてしまう。正論ばかり言われていると疲れてしまう、なにかと面倒な「正論」というもの。
そこで今回は、正論を言う人の特徴を調べてみました。正論を言う人との付き合い方に悩んでいるひとは、ぜひ記事を参考にしてみてください。

延々と相手にすると疲れる!正論を言う人の特徴とは

話を聞いてくれなくて疲れる!頭が固い

正論を言う人と言うのは、頭が固く、人の話を聞かないことが往々にしてあります。一度こうと決めたら、自分が正しいと思ったことを曲げないので、どうしても決められた行動しかとれません。
頑固で融通がきかないので、状況の変化に上手に対応ができないのも大きな特徴。正論を突き通そうとすると、人の気持ちを逆なでしてしまうことも少なくないうえ、「自分が正しい」「自分は間違っていないのにどうして分かってくれないのか」という気持ちを持ってしまうので、自分は「こうしてください」と人に言えるタイプであるのに、他人から「この方がいい」と言われると、人の考え方を上手に受け入れられません。

人との付き合いが下手!協調性がない

正論を言う人の特徴として、協調性に欠ける性格もあげられます。先ほども書きましたが、正しいことを言おう、自分の意見は間違っていないという気持ちを強く持っている傾向があります。なので、上司からの指摘や意見に対して柔軟な対応をしたり、空気を読んだりできないのです。
それが原因で、チームワークで仕事をする時に支障がでてしまいます。ひいては協調性のなさに繋がっていきます。そのうえ、どうして自分に協調性がないのか全く分からないというのも大きな特徴なのです。

人の気持ちを理解した行動ができない

正論を言う人の3つ目の特徴は、人の気持ちを理解できません。自分が何より正しいと思い込んでいるので、言いたいことを言うだけ言って、結果的に相手を傷つけてしまいます。
正論は確かに間違ってはいません。だからこそ「この発言をすれば、相手は傷ついてしまうかも」とか「もしかしたら、相手の立場を悪くしてしまう可能性があるかも」など、人の気持ちを考えられません。そしてその結果、相手が疲れてしまったり、見放されてしまう事すらあります。




正論 疲れる