4つの気遣いテクニックで、社内で好かれる人間になろう

気遣いテクニック

ふと疲れた時にそっとコーヒーを持ってきてくれたり、「疲れていませんか?」の一言を貰ったり。そんな気遣いを受けると、疲れていた心が少しほぐれるような気がしますよね。

自分もそんな人になりたいと思っても、どんなふうに気遣いができればおせっかいにならないのか、考えてしまいませんか。

この記事では、そんなあなたのために、気遣いを身につけるための4つのテクニックを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

優しさはあくまで「さりげなく」!

落ち込んでいるときに、コーヒーを差し入れされたとします。その時、「俺、こんなにお前に優しくしてやってるんだから、お前も返せよ」と言われたとしたら、あなたならどう思いますか?

優しさを押し付けられたら、せっかく嬉しいと思っていたとしても、嫌な気持ちになってしまいます。同じようにコーヒーを貰ったとしても、「間違えて買っちゃっただけだから。気にしないで」と言われた方が、「気遣いのできる人だな」「いつかお返ししよう」と思うのです。

気遣いのできる人の優しさというのは、あくまでもさりげなく、そして押しつけがましくないもの。誰だって、本心は「お返しがほしい」かもしれませんが、あくまでもこれは「気遣い」の一つとして優しさの押し売りをするのはやめましょうね。

 

相手の立場に立って考える

気遣いのできる人は、常に相手の立場になって考えることが出来ます。「もし自分がされたらどう思うだろう」「こういわれたら傷つくな」と、しっかり自分の中で落とし込んでから発言ができるのです。逆に、「こんな時、こういわれたらうれしいな」「こうされたらいいな」というふうに思うこともできるので、さりげない「気遣い」へとつながっていきます。

テクニックとしては、普通のことではありますが意外にできない「されたら嫌なこと」をしないこと。特に上司から部下に対しては、立場というステータスを振りかざして嫌なこともしてしまいがちなので、自分が部下だった時のことを思い出し、気を付けるようにしましょう。

 

「感謝され、自分へお返しされる」ことを期待しない

これはテクニックその1にも通じていますが、あくまでも「感謝」を求めて優しくしたり、気遣いをしたりしてはいけません。「社内で仕事を手伝ってあげたから、相手だって手伝うべきだ」という見返りを求める行為は、ともすれば自己満足になってしまいますし、押しつけがましいおせっかいへ変わってしまいます。

「人にしてあげたことはいつか巡り巡って自分のところへ帰ってくる」くらいの気持ちで気遣いをしてあげていれば、きっといずれ、あなたがあげた優しさは、あなたへの優しさになって帰ってくるはずです。

 

相手の話を興味深く聞ける

会話をしていて、どんな相手が心地よく感じるでしょう。自分が好きな話をしていて、知らないからと全く興味がなさそうな相手と、知らない話でもしっかり聞いてくれる相手となら、後者の方が気持ちよく話ができますよね。それは、相手に、「お互いに楽しく話せるように使用」という気遣いの心があるためです。

あなたが自分の話ばかりしていたら、相手にたくさんの気を遣わせてしまうことになります。あなた自身も、気遣いとして相手の話を受け身になって聴いてみてください。知らない話でも興味がないと突っぱねることなく聞けば、新しい趣味や、発見があるかもしれません。

 

気遣いはされたら嬉しいし、しても気持ちがいい

難しいと思っていた気遣いも、実は簡単にやれるテクニックもあるのです。

社内で気遣いをされて、あなたが嬉しいと思うのと同じように、あなたが相手を気遣ってやったことは、きっと相手も嬉しく思っているはず。社内での気遣いは、ひいては業務の円滑化にもつながります。ぜひ、明日から実践してみてくださいね!

 

気遣いテクニック