彼女はもしかして職場の「高嶺の花」? アプローチ成功の二大秘訣

高嶺の花

職場の中でささやかれている「高値の花」といえば、魅力的で素敵な女性を指す言葉ですよね。ですが、そんな「高嶺の花」の女性を好きになったとしても、どうしてもアプローチしにくいもの。
そんな彼女と仲良くなりたい!と思っている人のために、「高値の花」として見られている女性の特徴や、それに基づいて彼女を振り向かせる方法について、詳しくまとめてみました。

職場の高嶺の花の女性の特徴とは?

高嶺の花とは、ことわざにあるような「立てばシャクヤク座れば牡丹、歩く姿は百合の花」のような「とっつきにくい」女性であり、やはり「手の届かない」存在であることが多いのかもしれません。

美しく、居住まいのすっとした「気品のある女性」

一番みなさんのイメージに近い「高嶺の花」の女性と言えば、見目麗しい人のことを指すと思います。落ち着いたトーンで話したり、悪口など下品な会話をしなかったり。決して大股ではなくすっと歩いていたり、きちんと足を揃えて座っている大人な女性も「高嶺の花」らしいと言えます。

バリキャリさんのような「仕事ができる女性」

仕事をバリバリこなすキャリアウーマンの女性も、高嶺の花として見られていることが多いようです。仕事をソツなくこなしていたり、部下をきびきび指導している様子は、女性でもやはりカッコよく見えるもの。これぞまさに、職場で輝く「高嶺の花」でしょう。




高嶺の花