職場で出会い、社内恋愛からの結婚はアリ?ナシ?

結婚




社内は出会いの宝庫だと言われていますけど、その末に結婚、と行くと、またちょっと話は変わってきますよね。世の中の人たちはどのくらい社内恋愛をし、その末に結婚しているのでしょうか? 今回はいま社内恋愛をしている人や、これからするかもしれない人が結婚を見据えた付き合いができるか書いていこうと思います!

社内恋愛って、どのくらいの人がしているの?

社内恋愛の交際期間は?

実は、2人に1人は社内恋愛経験者。社内恋愛をしている人たちが結婚するまでの期間はもちろん人それぞれです。こっそり付き合っている人もいますし、周りに周知され後押しがある場合も。ですが、必然的に一緒にいる時間が長い分、一般の恋愛と比較して交際期間が平均で1年~2年と短い人が多いようです。

社内恋愛の結婚率は全体の約5分の1ほど

社内恋愛をしている人たちの結婚率は、五分の一ほどなのです。高いと思うか低いと思うかはちょっと微妙なところもありますが、それでも10人に2人が結婚していると思えば高いような気もしますね。

上司にばれて付き合いをやめたり。職場内恋愛が禁止で、どちらかが辞めているパターンも多いので、そのくらいの結婚率になっているのかもしれません。

社内恋愛を成就させるポイント

会社の人への付き合いの報告は我慢

恋が実ると色んな人に報告したくなると思います。しかし、会社の人には。と言いますのも、嫌味を言われる可能性があるからです。
ミスをすれば「恋愛に現を抜かしているからだ」とか、上手くいけば「恋愛が上手くいってるからか?」とか…。何かを聞かれたら肯定も否定もせず上手くかわしていきましょう。

仕事の仲間でもあることを忘れない

職場は恋人だけではなく、仕事の仲間。恋人にとっては、あなたは仕事の仲間以上に親密。つまり、同僚とは違って、恋人であるあなたのほうが仕事の相談や愚痴が言いやすい相手なのです。仕事の大変さを理解しあい、お互いに気遣いができるようになれば、結婚にもつながりやすくなります!

会社への結婚報告のタイミング

報告にベストな時期はいつ?

報告することで会社に迷惑をかけるのも、否定されるのも悲しいもの……。ベストな時期は見極めなければいけませんね。とにかく、繁忙期は避けましょう。忙しい時期に報告を受けても、ざっと扱われるのがオチ。落ち着いた頃を狙って報告しましょう

第一報は直属の上司へ!

とにかく何はともあれ、基本的なことではありますが、報告をする際、一番に報告をする相手は直属の上司です。飛び越えて別の上の人に報告するのはいただけません。緊張するかとは思いますが、きちんと直属の上司に、それからさらに上の人へ報告しましょう。

まとめ

社内恋愛は社外の人と恋をするよりも悩みが多く、結婚してからもいろいろ大変なことも……。しかし、そのような壁を乗り越えた2人は、きっとこれから先、公私ともにパートナーとして苦難を乗り越えていけるような2人になっていけることでしょう。






結婚