新入社員は入社後すぐに育休・産休・有給休暇を取れるのか?

育休・産休・有給休暇




新卒であったり、中途採用であったり。期待に胸を膨らませて新しい会社勤めを始めたら、妊娠が発覚……。幸せなことであるのに、「入社してすぐにお休みはとれるのだろうか」と不安になりますよね。もしくは、何かやむを得ない事情があって有給休暇を取りたいけれど、会社に勤め始めてすぐのタイミングで取れるのかと、こちらも悩んでしまいます。

今回はそんな女性のお悩みを解決するべく、そんな状況になってしまった時の対処法について紹介しようと思います。

ケース1 入社してすぐの有給休暇

有給休暇には、取得までの月数に決まりがあります。労働基準法に基づき、

(1)労働者が6カ月継続勤務したこと

(2)初年度は6カ月、2年目以降は1年の勤務期間について全労働日の8割以上出勤したこと

が求められます。ですので、入社してすぐに有給休暇を取得することは無理だと言えるでしょう。やむを得ずお休みを取る際は、通常の無給休暇となります。

 

ケース2 入社してすぐの妊娠発覚【産休編】

もちろん、妊娠というのは、あなたにとってもパートナーにとっても喜ばしいことですし、そして非常におめでたいことです。

ですが、会社としては……、どうでしょうか。よくない風潮ではありますが、入社してすぐの妊娠というのは、あまり歓迎されないことがほとんどなのが現実です。では、どうしてそんなことが起こるのでしょうか?

 

中途採用の場合は即人材がほしい場合が多い

これは特に中途採用の時に多いのですが、採用した企業側も「今すぐに人材がほしい」から採っているというケースが多いので、妊娠が発覚し、お休みをくださいと言うとあまりいい顔をされないことが多いのです。また、別の理由でも長期のお休みを欲しがると、同じように「そんなに長く休むなら別の人を採用すればよかった」と言われてしまうことも……。

 

産休は制度により保証されている

先ほどの有給と同じで、労働基準法に産休制度が定められています。産後8週間以内の女性に対しては働かせてはいけない「強制休業」という期間に該当するため、お休みすることは可能です。ですが、有休と同様、継続勤務の時間に制限があるため、入社してすぐに産休を取得すると、そのすべての期間が無給となります。

 

ケース3 入社してすぐの妊娠発覚【育休編】

産休が取れるのであれば、育休、つまり育児休暇を取ることも可能なのでしょうか。

育児休暇に関しては、法律が違います。「労使協定」に基づいて、育休は「勤続一年未満の社員は対象外とする」となっています。よって、法的に育児休暇を取得することは困難だと言えるでしょう。

ただ、会社ごとに独自制度がある場合もありますので、入社時に規定をしっかり確認しておくことをお勧めします。

 

入社後すぐの長期休暇は上司や会社に相談をして

入社してすぐは、受け入れ側の会社もバタバタしていることが多く、あなたを育てるために準備をしていることが多いでしょう。そんななか、長期の休暇を取ることはなかなか難しいとも言えます。ですが、幸せなことによるお休みであれば、上司も喜んでくれるかもしれません。お休みを取らなければならないと判明した時点で、直属の上司にしっかり相談してみて下さいね。

 






育休・産休・有給休暇