年収300万ってどんな生活? 楽しく暮らせる年収なの?

年収300万

年収300万、と聞いて、貴方は「多い」と思いますか? 「少ない」と思いますか?

実は、現在の日本では全人口の4割近くが、この300万という枠のなかで生活しています。

「年収300万円」だといったいどのくらいの生活水準なのか、結婚や住宅購入は可能なのか、そして、どのような仕事をしていたら年収300万円を稼ぐことができるのでしょうか……?

年収300万円だと、手取りは250万円以下

「年収」は、「給料」「手当」「賞与」を加えた「額面」のことです。額面でいえば、年収300万円は、月収25万の給与。

手取りで計算すると、税金や社会保険等を支払うと、額は250万円前後になります。月収は20万くらいになります。

手取り20万だと、アルバイトで稼ぐのは難しいですが、派遣社員なら届かない額ではありません。

年収300万円の人の家計簿はどんなもの?

年収300万だと生活はなかなか厳しい…と思っている人も多いかもしれませんが、少しの工夫や節約に目を向けることで、無理なく暮らすことは可能です。

単身者であれば、年収300万でも十分暮らしていける

単身者の場合、「年収300万円」はそれほど厳しい生活ではありません。家賃や光熱費など、いろいろな出費を見越した節約をすれば、将来を見越して貯金もできるでしょう。

夫婦2人であれば、共働きをすることで十分な収入に

単身世帯と違って二人で暮らしていかなければいけないので、切り詰めるところはしっかり節約することが大切。夫一人の収入では暮らしていけないのは……もちろん分かりますよね。

ですが、夫の年収が300万円でも、夫婦だけで子どもがいない世帯であれば、妻がフルタイム、もしくはパートで外に働きに出られると所帯の年収はぐんと上がります。それだけで無理なく暮らせるはずです。

子供のいる家庭では、働けるうちに働いて貯金をしておく!

年収300万円では、子供のいる世帯では、やはりどうしても暮らしていけません。無駄使いをする余裕はほとんどなく、常に節約を心がける必要があります。

子どもが産まれると、夫婦の一方は(あるいは両方が)子育てのためにできる仕事が制限されることもあります。その時期までは、できるだけ共働きをして収入を増やし、貯金をしておきましょう。

まとめ

年収300万円であっても、少し節約や工夫に力を入れれば無理なく暮らせます。もちろん、結婚や家なども、無謀な夢ではありません。

ただし、あまりぜいたくができない、というのも事実。節約を心がけたり、給付を調べたりして、少しでも余裕をもって生活すれば、年収300万でも十分に生活ができますね。まずは300万円を目標に就職活動をしてみては?!

年収300万