記憶力がないのは個人に原因があるわけではなかった!記憶力がない本当の原因とは

記憶力がない

他の人には記憶力があるのに、なぜか自分には記憶力がないと思っていませんか? 実は、それは思い違いなのです。記憶力というのは、個人によって差があるものではなく、記憶力を低下させたり、妨げたりする原因を抱えているだけなのです。覚えるための工夫次第で記憶力をUPすることができるので、「記憶力がない」と悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

記憶力の低下には原因がある

「昔は覚えられたのに、今はなぜか記憶力がなくなった」という人や、「なぜかしっかり覚えていられない」という人もいると思います。実は、脳の中に、記憶力を低下させてしまう原因が隠れているのです。

 

原因①ストレスによる記憶力の低下

ストレス社会とも言われる現代。日々のイライラやストレスが原因となり、記憶力が低下しているケースがあります。

脳はストレッサーというストレスの種を排除するため、多くの働きをしています。そんな中、新たな物事を記憶しておくというのは難しく、記憶力が低下してしまいます。

ストレスをためないことが一番ですが、難しいことも多いと思います。次にあげる原因にもつながってきますが、一日の疲れをお風呂に入ったり、おいしいものを食べたり、自分のためにしっかり時間を使ってリセットし、いい睡眠をとることでストレスも少しずつ緩和されていきます。それに伴って、記憶力も戻ってくるでしょう。

 

原因②睡眠不足による記憶力の低下

睡眠は、「記憶しておく」ということにおいて、とても大きな役割を担っています。一日の記憶は、睡眠をとることによってはじめて脳に定着し、長期記憶(ずっと覚えておける記憶)となるため、質のいい睡眠は記憶力のためには欠かせません。

深い睡眠にあたるノンレム睡眠状態になるためには、短時間睡眠でも深い眠りにつける人も稀にいますが、通常は最低でも7~8時間の睡眠が必要だと言われています。睡眠前のスマートフォンいじりやゲームなどは避け、できるだけゆっくりと眠ることにより、前述のストレスの改善にもつながり、記憶力の維持にもなります。

記憶力がない