女性必見! 転職時の面接コーディネート

転職活動を行っている場合、面接時のコーディネートが非常に重要です。年代・職種によって面接に適したコーディネートはさまざまな種類があります。今回は転職活動を行う女性のためにさまざまな視点から考えた面接コーディネートを紹介します。

スーツで面接へ行く場合

面接で最も多いスタイルはスーツです。日頃からスーツを着用していた人も面接の前にもう1度確認をしておくべきです。
『スーツ』の色に関しては黒・紺・グレーが一般的です。柄の入っているものや白などは面接に不向きと言えます。普段使用しているものであればシワや汚れがないかチェックしましょう。着用の際はボタンを留めることを忘れてはいけません。
『ボトム』はスカート・パンツはどちらでも構いません。清楚で女性らしい印象を与えたいのならスカート、キャリアウーマンとしての印象を与えたいのならパンツといったようにアピールしたいポイントを考えて使い分けましょう。スカートの場合は膝丈、パンツの場合はヒールの付け根よりも裾が数ミリ下にくる高さがベストです。パンツにベルトを着用するとより好印象を与えることができるかもしれません。
『インナー』もスーツ同様カジュアルすぎるデザインは避けましょう。白色や淡色のシャツが無難です。白色は爽やかな印象を与えることができますが、就活生のように見えてしまうこともあるので注意が必要です。下着はインナーから透けて見えないような地味な色を着用します。
肌の色に近い『ストッキング』は必須アイテムです。カラータイツ・柄入りは控えましょう。『靴』はヒールが高すぎないパンプスが一般的です。普段使用しているものや収納していたものなら、汚れやヨレに注意が必要です。
アクセサリーは『時計』以外必要ありません。結婚指輪はそれほど問題ありませんが、ネックレス・ピアス・ブレスレットは付けない方が良いでしょう。時計は付けていた方が好印象なのでカジュアル・派手なものは避けて着用します。
『鞄』は書類を貰った時にも対応しやすいようにA4のビジネスバックがオススメです。勿論派手なものや柄物は避けます。また、ブランドロゴが大きく描かれているようなものも面接には不向きです。面接時に鞄を床に置くことも多いため、自立するビジネスバッグであればなお良いでしょう。
『髪型』にも注意が必要です。髪を染めている場合は黒か茶色の無難な色に戻しておきます。前髪が顔にかからないようにピンで留め、長髪の場合は低くポニーテールにします。高いポニーテールだとお辞儀をした際に髪がかかってしまうことがあります。髪を結ぶゴムも地味な色を選びましょう。また、白髪などがある場合は白髪染めを行い清潔感をアピールすべきです。
『メイク』はナチュラルメイクを心掛け、派手なマスカラ・口紅などは避けます。マニキュアはヌードカラーやクリアであれば問題ありません。