女性が転職したい人気企業のオリエンタルランド!その社風や仕事の内容とは?

オリエンタルランド

東京ディズニーリゾートを運営していることで知られるオリエンタルランド。ディズニーのイメージの高さもあり、転職したいという女性も多い人気企業です。そこで今回はオリエンタルランドの社風や会社概要についてご説明します。

1960年創業!オリエンタルランドってどんな会社?

オリエンタルランドは1960年に創業、50年以上の歴史がある会社です。現在では東京ディズニーリゾートの運営で有名な会社ですが、元々は浦安沖の海面を埋め立て、商住地域の開発や一大レジャーランドの建設を行うために地元の漁業協同組合との漁業補償交渉を行うことが主な仕事でした。その後埋め立て工事が始まり、当初は「オリエンタルランド」という東京ディズニーランドとは異なるオリジナルのレジャー施設の建設が予定されていましたが、1972年にアメリカのディズニーランドへの視察を行ったことを機に誘致に乗り出し、1979年にオリエンタルランドの社長とアメリカのディズニー社の社長との間で調印が交わされることになりました。
東京ディズニーランドの開業は1983年で、翌1984年には当初の目標であった1000万人の来園者数を達成します。2000年からはテーマパーク内でのオフィシャルホテル事業の開始と2001年の東京ディズニーシーの完成を経てディズニーランドはディズニーリゾートへと進化を遂げました。
オリエンタルランドの主な事業セグメントは東京ディズニーランドや東京ディズニーシーなどテーマパーク事業とテーマパーク内のホテル事業、そしてリゾート内の複合型商業施設であるイクスピアリやテーマパーク内を走るモノレールディズニーリゾートラインなどを含むその他の事業の3つから構成されています。

女性社員が多い!オリエンタルランドの会社概要は?

オリエンタルランドは「自由でみずみずしい発想を原動力に、すばらしい夢と感動、ひととしての喜び、そしてやすらぎを提供します」を企業理念として掲げており、「探求と開拓」「自立と挑戦」「情熱と実行」の3つを行動指針としている会社です。
そんなオリエンタルランドの社員の平均年齢は2016年3月現在で44歳、平均年収は775万円となっており、他の企業と比較してもかなり高めの水準であることが分かります。従業員数は社員とその他の従業員を含めて2236人で、2016年度の採用した労働者に占める女性労働者の割合が社員で53.4パーセント、その他の従業員で77.5パーセントです。また2017年3月31日現在で在籍労働者に占める女性労働者の割合が40.5パーセント、その他の従業員の場合は77.2パーセントととても高く、全体的に女性が多く働きやすい職場です。女性の評価や登用に関しては係長クラスの女性社員が全体の27.4パーセント、管理職クラスの女性社員の割合が全体の11.9パーセントとなっており、さらに取締役10名のうち1名、執行役員18名のうち3名が女性であるなど、女性でもその能力が正当に評価される企業であると言えるでしょう。社員の平均勤続年数は男性が18.5年、女性が13.2年でその差は5.3年です。




オリエンタルランド