働くことは、どんな形であれ、あなたの「力」になる【ライター/北条かや】

働くこと

みなさんこんにちは、北条かやです。先日、締め切りが重なって文字通り「重い」気持ちになり、もう投げ出したくなったときのことです。ふと、約2年前に無職だった時期を思い出しました。

炎上、自殺未遂、そして仕事がゼロに

もう約2年前になりますが、私は2016年の3月に仕事である失敗をして「炎上」し、すべての信用を失いました。トラブルが大きすぎてパニックになり、自宅で命を絶とうとし、周りから「これは危険な状態だ」と言われまして、入院することになったんですね。

入院中は当然、仕事NGですから、すべての仕事を断りました。

「すみません、療養することになりまして、しばらく連載をお休みします」と伝えると、大抵のお取引先は、「また一緒に仕事しましょうね」と言ってくれましたが、そのうち9割からは、二度とお声がかかりませんでした。

つまり退院したとき、仕事は入院前の「1割」まで減っていたのです。自分でも驚くほどヒマになりました。

毎日なにもすることがないのは「幸せ」か

毎日、何もすることがないんです。その時期の私の生活は、こんな感じでした。

毎日お昼くらいまで寝て、起きたらとりあえず、精神科でもらった薬を飲む。そうしないと、何もやる気が起きないからです。ちょっとやる気が出たら、スーパーへ出かけて大量のお菓子を買ってきます。それを食べては吐き出すという、摂食障害でいう「チューイング」を毎日繰り返していました。

何もすることがないから、辛くてたまらなかったんだと思います。あの頃は毎日、所在のなさを感じていました。食べること、痩せることに依存していました。

仕事がない私は、「会社員」じゃない。結婚もしていないから「主婦」でもない。かといって退院してしまったので、「療養中の患者」でもない。本来だったら、みんなが会社へ行ったり、家事や子育てをしたりしているはずの時間に、何もしていないんです。

お金を稼ぐ労働も、家事も育児もしていない、ただの人。そんな私に何の価値があるのか、分かりませんでした。




働くこと