売れようと思わなくなったら、ラクになった【ライター/北条かや】

売れようと思わなくなったら、ラクになった




皆さん、あけましておめでとうございます。北条かやです。2018年の抱負を考えていたのですが、特に思い当たらず……「やっぱり、着実に働いていくしかないんだろうなぁ」と思ったりしています。無職だった期間を経て、少しは仕事復帰ができた今、色んなことに諦めがついてきた気がするんですよね。

28歳になる年にデビュー、とにかく好かれたいと思っていた

私はデビューが遅く、1作目の『キャバ嬢の社会学』(星海社、2014年)が出たのはやっと28歳になる年でした。ありがたいことに、同作はいろいろなところで話題にしていただくことができ、メディアに出る機会も増えたと思います。

ただ、話題にしていただければ当然、「あんな奴のどこがいいんだ」と思う方も出てくるものです。そういう意見を目にするたび、私は「誤解を解きたい」「私を好きになってもらいたい」と、強く願うようになりました。

子どもの頃から、「嫌われたくない」と人に媚びる性格でしたから、それがネットの世界に置き換わっても一緒だったのかもしれません。とにかくみんなから愛されたい、嫌われたらおしまいだと思っていました。

自分に否定的な意見を「変えてほしい」

自分に否定的な人がいたら、意見を変えてもらいたいと思い、エゴサーチがやめられなくなりました。「北条かや」「北条」「かや」、テレビに出たらその番組の関連ツイートは全てチエックする。異常なほどに、周りの声を気にするようになりました。

振り返れば、私がやっていた「エゴサーチ」というのは、まさに「エゴ」でしかなかったと思います。好かれたい、好かれたい、好かれたい。それだけで文章を書いていました。

そんな姿勢だったせいか、デビューから2年後、30歳になる年に炎上、多くの人に嫌われてしまったときは、パニックになって自ら命を断とうとしてしまいました。馬鹿なことをしでかしたので、仕事も信用もゼロになりました。

アンチに負けない!なんて無理

炎上すると「アンチ」と呼ばれる人たちが増えるもので、仕事を邪魔されたり、誹謗中傷されたり、色んな嫌なことがあります。今もあります。

「アンチ」に負けずに頑張っている人もいらっしゃると思いますが、私にはそれができません。

だからもう、諦めよう。と思えたのは、やっと、31歳になった先月のことでした。炎上して2年。もうこれ以上、自分の好感度が上がることはないだろう、妙に静かで明るい気分になったんですよね。もう売れなくてもいい。静かに、細々と仕事を続けられたら十分だ。そしたら、ものすごく気分がラクになりました。

「万人に好かれようなんて無理だよ」

それまでも、「万人に好かれようなんて思っても無理だよ」「アンチがいるのは仕方ないよ」とアドバイスをくれる方はいましたが、やっぱり諦めきれなかったと思います。

人から言われて納得できるものではなかったんですよね。どうにかして好感度を上げられるはずだとあがいていました。あがいているうちに、それが態度に出て、ますます好感度が下がるという、私が子供の頃から繰り返していた失敗をまたやっていました。

炎上から2年が経って、ようやく諦めがついた

炎上から約2年が経とうとしていますが、ようやく諦めがついたんだと思います。本当に心がスーッと晴れていくような気持ちで、「わかってくれる人だけにわかってもらえればいい」と思えるようになって、2018年は軽やかな気持ちで仕事ができそうです。

時間が解決してくれただけかもしれませんが……だから、もし私と同じように、「周りから好かれたい」という気持ちでがんじがらめになっている人がいたら、時間が経てば自然に、そういう気持ちが変わっていくかもしれないということを伝えたいと思っています。(文・北条かや)

 

 

北条かや

北条かや

石川県出身。同志社大学社会学部卒業、京都大学大学院文学部研究科修士課程修了。
自らのキャバクラ勤務経験をもとにした初著書『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)で注目される。
以後、執筆活動からTOKYO MX『モーニングCROSS』などのメディア出演まで、幅広く活躍。
最新刊は『インターネットで死ぬということ』(イーストプレス)、
他に『整形した女は幸せになっているのか』(星海社新書)、『本当は結婚したくないのだ症候群』(青春出版社)、
『こじらせ女子の日常』(宝島社)。公式ブログは「コスプレで女やってますけど Powered by Ameba」(https://ameblo.jp/kaya-hojo
ツイッターは@kaya_hojo (https://twitter.com/kaya_hojo)






売れようと思わなくなったら、ラクになった