契約社員と何が違う?準社員の定義とは

準社員

「準社員」という言葉、聞いたことはありませんか? 契約社員でも、派遣社員でも、ましてアルバイトでもない「準社員」。漠然と「正社員と似たようなものかも?」「契約社員よりよさそう」と判断していませんか? 実は、正社員と準社員には大きな違いがあります。

準社員の定義や正社員、契約社員との違い、メリット・デメリットを理解してから就活に挑み、よりよい社会人生活を手に入れましょう!

準社員とはどんな働き方?

実は法律で「準社員」の定めがない

労働基準法では、正社員や契約社員など、さまざまな雇用形態が定められています。 しかし「準社員」は法律によって定められている雇用形態ではありません。 会社が独自で設けている雇用形態となるため、準社員の定義は企業によって異なるのです。

契約社員とも明確な違いはない?!

中には、契約社員を「準社員」として扱っている企業もあります。ただ、契約社員とは違い、雇用期間に定めがない場合もあるようです。ですが、正社員よりも任される仕事のウエイトはどうしても軽くなるようです。仕事内容・責任はもとより、待遇なども中間的な位置を占めているようです。

準社員