副業をするなら何がおすすめ?ランキング形式でご紹介

副業, ランキング

今の時代において、本業の給与の他にお小遣いが欲しい場合や、家事の合間で生活費が欲しい場合など、副業が必要なものとなっています。

どんな副業があるのか、自分に合った副業は何なのかなど副業を考えている人にオススメの副業をランキング形式で紹介します。

第1位!クラウドソーシングによる副業

副業のランキングで最も人気なのが、クラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、ネットを通じて、不特定多数の人に仕事を割り振るシステムを言います。
サービスに登録するだけでお仕事が獲得でき、収入も数万円から数十万円程度稼ぐことができます。
さまざまな仕事があり、好きな仕事を選ぶことができます。
主な仕事として、webデザイン、webライター、アンケート、覆面調査、翻訳などがあります。
webデザインは、基礎的な色彩能力、数学的な感性、情報の取捨選択ができる能力が必要な仕事です。職人気質な人や、人と話すのが苦手でも集中力がある人に向いています。
webライターは、読みやすい日本語が書けること、マニュアルや指示を理解して、その通りに作業ができること、納期を守って納品できること、報告・連絡・相談ができることが必要です。
覆面調査は、調査会社に指定されたお店に行って、客として商品を買ったり、サービスを利用したりしながら、調査会社から指定された項目をチェックして、終了後にレポートを作成して調査会社に報告する仕事です。
翻訳は、長時間机に向かい、正確丁寧に翻訳し、確認作業ができる人にオススメの仕事です。また、知識向上心のあることや読者のことを考えるサービス精神のある人にも重要な仕事となっています。

第2位!仮想通貨

副業ランキング第2位として人気なのが、仮想通貨です。仮想通貨とは、ネット上で売買される通貨のことを指し、代表的なものとして、ビットコインやモナコインなどが挙げられます。FXや株のように運用することによって、自分自身の資産を増やすことができます。本業や家事など忙しい人にオススメの副業となっています。
仮想通貨の代表的なビットコインは、便利さや資金運用のしやすさから人気となっています。ネットワークがあれば世界の誰でも持って使える通貨です。メリットとして、あらゆる機関を介さないこと、手数料が安くてその場で取引ができることが挙げられます。公的機関の干渉を受けずに、曜日や時間を気にせずに取引することができます。デメリットとして、メールアドレスが長いことが挙げられます。30文字前後あり、間違えやすく、一文字間違えることで取り消しができないため大変なことになってしまいます。また、ハッキングリスクがあることもデメリットとして挙げられます。ユーザーのセキュリティリテラシーの低さが原因となっており、世界規模でハッキング事件が起きていることがニュースで報道されています。

副業, ランキング