みんなに笑顔を与えたい!テーマパークスタッフの仕事内容とは

テーマパークスタッフの仕事内容




遊園地、テーマパーク、アミューズメント施設……。人の笑顔の集まる夢の国で働きたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

有名になった清掃スタッフの方や、アトラクションについている店員さんはいれど、実際の仕事内容は、意外に知られていません。そこで今回は、テーマパークではどんな仕事をしているのかを見ていこうと思います。

 

テーマパークで働く「業務形態」は?

テーマパークを運営する元会社(例えば、東京ディズニーリゾートであればオリエンタルランド)に正社員として勤めるのも一つの方法。お給料もしっかりしていますし、福利厚生もあります。ですが、大変人気の職業なので、内定を勝ち取るために激戦区を走り抜けなくてはなりません。

その他にも、テーマパークスタッフは、アルバイトやパートの募集もしています。元会社で働くよりも、募集数や人数が多いため、採用されやすくなっています。正社員として働く前に、アルバイトとして働いて、内情を知れるのもポイントが高いでしょう。

ただ、正社員として働くときに比べてお給料はがくんと下がってしまい、時給900円程度のところが多いようです。また、働ける部署も限られていて、基本は立ち仕事が多いようなので、体力に自信のない人は難しいかもしれません……。

 

テーマパークスタッフの仕事

すべては「来園者」の笑顔のため!

基本的に、テーマパークスタッフは、テーマパークの来園者のことを第一に考えます。いらっしゃるお客様がパーク内で思い出に残るような楽しい時間を、快適に過ごせるように働くのがモットーです。

 

テーマパークの花形!接客業にも種類がある

お客様から見える「花形」で言うと、アトラクションの受付やパーク内の誘導、お土産物店舗での販売や、飲みもの・食べものの提供、パーク内の清掃があります。

これらの仕事に就くにあたっては、とにかく笑顔と体力が必要不可欠。嫌なことがあったりしても、笑顔を絶やしてはいけませんし、疲れた顔も見せられません。

万が一、天災が起こった時は自分の身の安全よりも来場者様の安全をしっかり確保しなくてはならないという、安全に対する意識の高さや責任感も大切になります。

 

縁の下の力持ち!裏方の仕事も多い

テーマパークは、お客様から見える部分だけではなく、裏方の仕事もたくさん存在しています。例えば、来場者様が遊ぶ設備の点検や管理をする部門は、事故を起こさないために裏で日々働いています。イベントに合わせた企画を立てて、運営しているのも裏方の役割です。

また、テーマパークも企業。事務員として、パークに出ないで、裏で支えながら働いている人もいます。

裏方の人たちも、もちろん「来場者さんたちにテーマパークで働いてもらいたい」という気持ちは同じです!

 

まとめ

いつの時代も人気の高い「夢を与える」仕事であるテーマパークスタッフ。テーマパークで働くにあたっては、接客業に就いていても、裏方として働いていても、基本的にどの仕事であれ「来場者様のために働く」というホスピタリティの気持ちを忘れず、お客様の笑顔のために楽しいスタッフライフを送ってくださいね!

 






テーマパークスタッフの仕事内容