女性の転職はいつまでに? タイミングが転職の明暗を分ける!




転職したい。でも、転職はいつまでにしたらいいか、タイミングについて、悩んでいませんか?
何歳・何年目で転職するのが良いのか、求人が出やすい時期はいつか……女性の転職に有利なのはいつまでなのか。
初めて転職する人も、転職をしたことがある人も、ぜひ参考にしてみてください!

転職するなら3年は我慢?

スキルやビジネスマナーを習得するための期間、3年

社会人1~2年ではビジネスマナーやビジネススキルもまだまだおぼつかないもの。3年以上のキャリアというのは、仕事面で、社会人的スキルが水準に達するために必要な目安なのです。
ですから、よく「3年は働いた方が」と言われるんですね。

それでもすぐ辞めたい場合は、我慢すべき?

ですが、すぐにでも辞めたいというケースもあるでしょう。たとえば精神的な苦痛があったり、肉体的に耐えられなかったり……そんな場合でも、社会人3年目まで転職のタイミングを待たねばならないのでしょうか。
答えは「ノー」です。
本来であれば、第二新卒でも2~3年の経験が望ましいものの、現在では、経験半年や1年でも、転職できる可能性はじゅうぶんに開けています。 厚生労働省の「新規学卒者の離職状況に関する資料」によると、1年未満に辞めた人も、19.9%と5人に1人。
何より大切なのは、貴方の体です。

女性が20代で転職するならいつまで?

未経験分野に挑戦するなら社会人4年目まで!

未経験の業界や職種に挑戦するなら、実は、社会人経験ができるだけ浅い方が有利!
同じ業種であれば、経験がものをいうのですが、別業種であればいわゆる「第二新卒採用」と呼ばれる、大学卒業からそれほど時間の経っていないタイミングがベスト。
社会人経験が3年前後あって、若手としてのポテンシャルがありながらも、基礎的なビジネスマナーとスキルを育んでいるその時期は、新しい職場でも受け入れやすいのです。
未経験分野への転職なら、社会人経験4年目頃に!

同業でのキャリアアップ転職なら経験5~6年目がベター

同業でのキャリアアップ転職をめざすのなら、3年よりも長い期間働くと、評価が高くなります。具体的には、だいたい5~6年目がベター。
多くの企業が経験者募集で「経験3年以上」を条件に掲げているような企業が多いですから、5~6年目で、かつ若い20代は、実は最も採用されやすいのです。「今の会社での経験を活かし、同じ業種、でも別の会社でステップアップしたい」と考えている人は、30歳になるまでに転職を検討してみるのがいいでしょう。

まとめ

女性の転職に相応しいタイミングは、入社後4年目と、5~6年目。そして、体を一番に考えた選択をすること。
ただ、「辞めたい」という勢いだけで転職するのは、失敗のもとになります。どうして転職したいのか、転職先はどのような場所がいいのか。しっかりと整理をした上で、最適なタイミングでの転職を狙いましょう!