社内トラブルメーカーが厄介!トラブルメーカーの3つの正しい扱い方

トラブルメーカー

仕事のトラブルの多くは人間関係が原因だと言っても過言ではありません。
そのトラブルを引き起こす「トラブルメーカー」というのが、実は社内にいるのです。本人も何が悪いのか分かっていなかったり、周りで困っている人もどう対処していいか分からなくて困ってしまいます。
そこで、今回は社内の人間関係のトラブルメーカーの扱い方について3つまとめました。

職場の人間関係トラブルメーカー3パターンとその扱い方

人の気持ちを汲み取れないタイプ

人の気持ちを汲み取るのが苦手な人は、思ったことをそのまま言ってしまい、しょっちゅう周りの人を怒らせたり、傷つけたりしてトラブルメーカーと化します。
問題は、本人が鈍感な場合。なぜ言ってはいけないのか本気で分かっていないのです。自分が鈍感であるがゆえに、察するという能力が著しく低いので、相手の気持ちを考えろなどと言ってもなかなか改善しません。
この場合は、状況ごとに1つ1つ教えていくしかありません。
まずは、人との接し方に問題があるということを伝え、このままだと周りの人とうまく関係を作れず仕事にも支障があり、改善する必要があることを分かってもらいましょう。
どんなことで人が怒ったり傷ついたりするのか、何を言ってはいけないのか、言葉の裏にどういう意図があるのかを具体的に教える必要があります。

トラブルメーカー