もう失敗しない!べちゃっとならないソーメンチャンプルー5つのコツ【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

ソーメンチャンプルー

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。気温が高い日も続き、「そうめん」が美味しい季節になりましたね。茹でてそのまま食べるのも、もちろん美味しいですが、沖縄料理の定番「ソーメンチャンプルー」として食べるのもこれまた美味しいですよね。

しかし、ソーメンチャンプルーを作ると、なんだかべちゃっとしてしまう、くっついてしまう・・・なんて悩みを抱えている方も少なくはないのではないでしょうか。

そこで今回は、失敗しないソーメンチャンプルーを5つのコツとともに紹介して行きます。

 

失敗しないソーメンチャンプルー

ソーメンチャンプルー

材料(1人分)

ソーメンチャンプルー

そうめん・・・1束

人参・・・1/4本

玉ねぎ・・・1/4個

ツナ缶(オイル)・・・1缶

にら・・・1/2束

鰹節・・・適量

ごま油・・・適量

塩コショウ・・・少々

めんつゆ(2倍希釈)・・・大さじ1

 

作り方

1、人参は皮をむき、太めの千切りにする。玉ねぎは薄切りにする。ニラはざく切りにする。

ソーメンチャンプルー

2、そうめんを袋表記より1分短く茹でたら、流水でしっかりと洗い滑りをとり、しっかりと水気を切る。

ソーメンチャンプルー

3、2をボウルにあげ、ツナ缶をオイルごとあえる。

ソーメンチャンプルー

4、中火で熱したフライパンにごま油をひき、人参、玉ねぎをしんなりするまで炒めたら、3とニラを入れサッと炒め、めんつゆ、塩コショウで味を調える。

ソーメンチャンプルー

 

 

失敗しないソーメンチャンプルーのコツ

  • 袋表記の1分早く茹で上げる
  • 流水で洗ってしっかり滑りを取る
  • しっかりと水気を切る
  • 油をまわしかける
  • 炒めるときはサッと
ソーメンチャンプルー

 

オイル漬けのツナ缶をそのままあえることで、旨味が全体に染み渡る&オイルが絡むことで麺同士がひっつかずに済みますよ!

ツナ缶がないときは、もちろんごま油やサラダ油でもOKです!

 

今年の夏の一品に、ぜひ作ってみてくださいね!

 

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

河瀬璃菜(りな助)

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

ソーメンチャンプルー