臭みなし!冬が旬のタラをつかったヘルシーメインおかずレシピ3つ【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

たら

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。今が旬のお魚の一つに「タラ」がありますね。淡白な中にも脂の旨味を感じられる魚です。ただ、傷みやすいという難点もあり、スーパーで出回っているタラは生臭くて苦手・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。鍋や優しい味付けで食べるとどうしても生臭みが際立ってしまいますよね。

今回は、そんなタラの生臭みを感じさせないレシピを紹介します。

たらの明太マヨホイル焼き

たら

材料(1人分)

真鱈・・・1切れ

塩・・・少々

青ネギ・・・適量

しめじ・・・・1/2株

バター・・・1かけ

A

明太子・・・1/2本

マヨネーズ・・・大さじ1

味噌・・・小さじ1/2

 

作り方

  1. 真鱈は塩を振り、水分が出てきたら、キッチンペーパーでしっかりと拭き取る。しめじは石づきを取り、ほぐす。
  2. アルミホイルにしめじを入れ、バターを入れたら、真鱈を乗せ、真鱈の上に混ぜ合わせたAをのせる。
  3. 2のアルミホイルの口を閉じ、180度のトースターで7〜8分焼き、アルミホイルの口を開けたら、220度で5分焼き、万能ネギを散らす。

 

タラの子供である明太子をソースにしたホイル焼き。明太子のピリッとした辛味にマヨネーズの濃厚さがタラの淡白な味をカバーしてくれます。

生臭みを感じさせないためには、しっかり塩をふって臭みの元になる水分を出してあげること。それでもどうしても臭みが気になる方は、沸騰したお湯にさっとくぐらせて、霜降りをすると良いかと思います。

たら