欠点のない、完璧な発信は面白くない。さらけ出すからこそ、好きになってもらえる!【ブロガー・作家/はあちゅう】

はあちゅう

今回のインタビューは、大学生の時からカリスマブロガーと呼ばれ、現在はブロガー・作家として活躍するはあちゅうさん。電通時代のセクハラ被害を告発したことがニュースとなり、まさに渦中にあった18日に、予定通り、取材に応じてくれました。

ポイントは・・・・

  • 決心した瞬間に仕事は舞い込む
  • 新しい結婚の形にトライ
  • わくわくする気持ちを大切に

完璧な発信は面白くない。だからちょっと黒い部分もさらけ出す

ブロガー・作家として、書籍とWEB媒体に執筆する仕事をしています。もともと、小さい頃から自分の人生を全部本にしてみたい、という気持ちがあったんですけど、今は本じゃなくてもSNSとかいろんな形でシェアできるので、とにかく自分の興味を持ったことや体験したことをすべてコンテンツにしています。

心がけているのは、SNSごとの特徴、世界観にあわせた発信をすることと、あとはさらけ出すことですかね。自分のちょっと黒い部分だったりとか、隠しておきたいような部分も。

もちろんそういうものに対してはアンチがついたり批判があったりもするんですけど、ウソのない正直な発信をしていると、好きになってくれる人はより深く好きになってくれるので。あんまり欠点のない人の、完璧な発信って面白くないと思っているんです。

活発な自分のコスプレを演じた大学時代

はあちゅう

実は私、高校生までは引っ込み思案で、クラスで自己主張ができない子だったんです。休み時間のたびに図書館に行くような子で、やりたいことが全然できなくて。自分の意見を発信している人に対して、うらやましいな、という思いがいつもありました。

でも、大学生になった時に、このままの自分で一生生きていくのか私?ってふと目が覚めたというか、今自分を変えられなかったら、一生自分を変えられないな、という危機感みたいのを抱いたんです。

そこで、今まで挑戦してこなかったことにチャレンジしよう、活発な自分のコスプレを演じよう、と思ったんです。チアリーティングとか、ハツラツとした理想の女の子がやっていることを表面的に真似ることから自分を変えてみよう、と。そうすることで、自分を理想の子に近づけようとしていましたね。

はあちゅう