これだけは譲れなかった・・様々な職業を経験した私の仕事選びの条件【キュレーションズ株式会社/堀米咲帆さん】

堀米咲帆

デザイナー、エステティシャン、そしてIT企業と多ジャンルの職業を経験した堀米さんに、転職のきっかけと仕事選びの決め手についてお話しを伺いました。

ポイントは……

  • 一歩踏み出せが、次はきっといい出会いが!!

現在に至るまで

学生の頃は、グラフィックデザイナーを目指して専門学校に通っていました。実際デザイナーとして仕事をしたのは1年程で、その他に全くジャンルの違ういくつかの職業に就いて働いてきました。

新卒で入ったのはITベンチャーで、WEBサイトのバナーやコーポレートサイトのデザインをしたり、イベントの資料作りをしていました。その後エステ店に転職して、元々欲しかったワックス脱毛の資格を取ったりもしました。

やりがいあるものとの出会い

 堀米咲帆

現在はキュレーションズ株式会社で働いています。企業さんが新しい事業を立ち上げる時際、自分たちだけでは大変なことが多いです。私たちはパートナー役として悩みを丸ごと引き受け、事業化の実現をしています。その手段として、モノ(家電やウェアラブルなど)がインターネットに繋がるIoT領域での開発やサービス開発を行なっています。

その中で、私は広報を担当しています。主に自社のSNSを動かす業務やプレスリリース配信、イベントでの撮影などをメインに行っています。

基本的には自分がやりたいことに対して責任を持ってやらせて頂けるので、とてもやりがいがあります。Facebookページの運用だったり、Instagramも元々無かったので新しく作らせてもらったり、今まで動きがなかったものを積極的に動かせているという実感があります。

自分が求める働き方

今まで仕事を変えても自分に向いていなかったり、労働時間が合わなかったり、職場の人間関係に悩んだり、なかなか理想とする働き方に出会えないでいました。

職を転々とする中で自分自身が求めている働き方は、ウェブやデジタル系のもので何か新しいことをしたいということでした。

堀米咲帆