趣味のダンスから見えてきた デザイナー視点のWEBマーケティング【株式会社アウローラ/川上雄也さん】

川上雄也

大学卒業後、半年間、ダンスイベントのフライヤー作りをしてきたという川上さん。
現在は、弊社、株式会社アウローラでWEBマーケティングを担当していますが、意外にも、「ダンスと仕事には共通する部分が多い」と語ります。

そんな川上さんに、マーケティング業務の魅力や趣味のダンスから学んだことなどを伺いました。

まずは、現在のお仕事について教えてください

川上雄也

自社のWEBサービスの数値を分析、改善する、マーケティング業務を担当しています。

マーケティングの業務は、考えた施策がすぐに数値になり、目に見えます。今まで経験してきたデザインやコーディングの業務は長い期間が必要になりますが、短期間にわかりやすく会社に貢献できるところに、マーケティング業務の魅力を感じています。

大学ではどのような勉強をしてきましたか

大学では、システムデザインを勉強しました。デザイン、エンジニアリング、マーケティングという様々な視点からサービスや商品を捉えることの大切さに学びました。

大学卒業後はすぐに就職をせず、半年間、ダンスイベントのフライヤーなどを作りながらWEBデザインの勉強をしてきました。




川上雄也