世界一謎があるテーマパークで、仮想の世界からリアルの世界を変える!【東京ミステリーサーカス総支配人/きださおりさん】

きださおり




12月に新宿・歌舞伎町にオープンする「東京ミステリーサーカス」。謎解きを通じて物語を体験する「リアル脱出ゲーム」をはじめ、“謎”に満ちたさまざまな体験型ゲーム・イベントが集うこのテーマパークで、総支配人を務めるのが、きださおりさんです。

株式会社SCRAPで、数々の人気リアル脱出ゲームを世に送り出したコンテンツディレクターとしても活躍。どんな狙いで仮想の世界を作り上げているのか、企画やイベントに込めた思いを聞きました。

頑張らないと先に進めないし、謎も解けない!

きださおり

リアル脱出ゲームには、日常と非日常が混ざり合った世界の中で、自分で切り開くべき物語があるという良さがあります。例えば、ドラゴンボールで悟空が元気玉を集めて、集めて、そして放つ時って、人望とかパワーが必要だと思うんですよね。日常の生活だけでは、そのような体験をすることはなかなか難しいかもしれませんが、私たちがこれまでに作ってきたリアル脱出ゲームやナゾトキ街歩きゲームは、その集めて放つ体験を、悟空じゃなくて、あなたにしてもらおうというもの。自分が物語の主人公で、頑張らないと先に進まない。つまり、リアル脱出ゲームは見ているだけじゃなくて自分で頑張ったり謎を解いたりしてもらおう、というイベントです。

見ているだけの映画や物語よりも感情移入度が高いというか、自分の中にグッと入り込んできたりします。なので、ディレクターとしてコンテンツを作るときには必ず、プレイをした後にプレイヤーの人生に残るようなテーマを掲げて作るようにしています。

1回作ると数万人のお客さんが遊びに来てくれるんですけど、「人生変わりました」というような深い感想を頂いた時には、自分の気持ちが届いたんだな、というのがわかって嬉しいですね。開催日が決まっているのに突破できるアイデアが出てこないときは大変ですが、いろんな方向からトライして、最終的には自信を持って「面白い!」と言える公演を世の中に出すようにしています。

フリーペーパーSCRAP → 広告会社 → 株式会社SCRAP

きださおり

京都の美術系の大学に通っている時は、音楽プロデューサーの秋元康さんのゼミに所属して新しいビジネスを考えたり、イベントをしたりしていました。今所属しているSCRAPは元々京都で細々とフリーペーパーを作っていたんですけど、大学1年の時からそこで企画を担当したり、今とあまりと変わらない生活を送っていましたね。

その生活も好きな人たちに囲まれて好きなことばかりやっていてすごく楽しかったんですけど、「このまま大人になってしまって大丈夫かな」という不安があったんです。そこで、東京の広告会社に就職しました。

コピーライター、ディレクターとして3年ほど学びながら楽しくお仕事をさせてもらっているうちに、「対クライアントではなくて対世の中では、どんなクリエイティビティが発揮できるかな」と考えたんです。ちょうどそのタイミングでSCRAPが東京オフィスをつくることになったので、SCRAPに戻りました。小さかった団体が、東京ドームや遊園地での公演が決まったタイミングで、これから面白くなりそうだな、と思ったんです。

大人になってもギリギリの青春を感じられるコンテンツづくりを

青春時代って大人になったら、「こんな時期あったな」と懐かしむもの、みたいになっていると思うんです。でもそうじゃなくて、大人になってもずっとそのギリギリの青春を感じられるようなコンテンツや、もっと幅を広げた体験型の物語や企画を、これからは突き詰めて作っていきたいなと思っています。

疑似体験なんだけど、大人になってからもう一回ドラマみたいな出会いを経験できる、みたいに、胸がキュンとするとか心を動かされるシーンに、もっと可能性があると考えているんです。このゲームをやったからいつもの人生を頑張れるとか、周りの人を大切にできるとか、非日常の体験なんですけど、日常に近づけたゲームを作っていきたいですね。

非日常と日常の境目があいまいな歌舞伎町で勝負

きださおり

東京ミステリーサーカスも、ここにきたら世界の見方が変わるとか、人生に対する考え方が変わるというような可能性がある場所だと思っています。仮想の世界だけじゃなくてリアルな世界でも友達が増えて、趣味の幅が広がって、ということを生み出す可能性があると思います。ぜひ、世界各地からたくさんの人に足を運んでもらえるような面白いテーマパークにしていきたいですね。

非日常の物語をどこかで日常とリンクさせていくという点で、歌舞伎町は東京ミステリーサーカスの場所としてすごくハマる可能性が高いなと思うんです。非日常のお店もあるけれどそこで働いている人にとっては日常だし、怪しいお店もあればエンタメの施設もある。非日常と日常の境目があいまいだからこそ、歌舞伎町で勝負できると思っています。

悩んだ時は、心を真っさらにして感じてみる

私は学生の時から、選択肢がいくつかあって悩んだときには一番面白そうなところに飛び込む、ということを信条にしてきました。面白そうだと思って飛び込んだら、後悔もないと思うんです。決めているのは自分なので。

悩んだ時にはいろんな人にいろいろなアドバイスをもらったり、条件とかも考えたりすると思います。でも、心を真っさらにして「心が一番揺れるのはなんだろう」という点で選ぶと、その後全部の責任を自分で背負える。私はその選び方で後悔したことがないのでオススメかなと思います。

きださおり

■プロフィール
きださおり
TOKYO MYSTERY CIRCUS総支配人/コンテンツディレクター
京都の大学生時代にフリーペーパーSCRAPに参画。卒業後上京し広告会社にてディレクターを務め、SCRAP東京オフィス設立のタイミングで合流。日本全国、アメリカ、シンガポール等で数々のリアル脱出ゲーム公演を作りながら’14に企画の実験室『道玄坂ヒミツキチラボ』の室長に就任。「忘れられた実験室からの脱出」「君は明日と消えていった」等、ファンランキング1位を獲得する人気公演のプロデュース・ディレクションを手がける。また「片想いからの脱出」「元カレ元カノフリーマーケット」など新機軸の恋愛系イベントも開拓している。
趣味は音楽を聴きに行ったり、恋愛ものの少女漫画を読んだりすること。「公演の音楽もミュージシャンと話し合いながら作ったりするので、少女漫画も音楽も、趣味はわりと全部直結していると思います」

東京ミステリーサーカス https://mysterycircus.jp/
個人ツイッター https://twitter.com/opeke

きださおり

 

きださおり

撮影:masaya iwata

 

きださおり

撮影:masaya iwata






きださおり