豊富な海外経験を生かし、新しい生き方のきっかけとなる旅をコーディネート!【Nueva Vida/前原未季さん】

前原未季

今回のインタビューは、カンボジアやタイ、マリ共和国やインド、そしてペルーなど、世界各地でさまざまな経験をしてきた前原未季。なぜ、宮崎で旅のコーディネート事業を始めたのか、その思いをお聞きしました。

 

人生に新たな光を当てるような旅をコーディネートしたい

NUEVA VIDA(ヌエヴァ・ヴィーダ)という名前で、旅のコーディネートをしています。NUEVA VIDAはスペイン語で、英語のNEW LIFE、新しい生き方とか人生、暮らしという意味なんですけど、スペイン語圏では「生まれ変わる」という意味も含んでいます。

 

まだ準備段階なんですが、旅というキーワードで人生に光を当てるような、新しい生き方のきっかけになるような旅の企画やコーディネートをしたいと思ってつけました。既存のパッケージ化されたツアーには満足していないけれど、かといって全部一人で手配するのは・・・というその狭間の部分のオーダーメイドと、私の得意とする分野での紹介、マッチングをしていきたいと思っています。

 

いま33歳で独身なんですけど、30歳前後って女性がちょうど結婚や出産、キャリアの中で揺れ動く時期なんです。結婚し、子供を産んだ後は、また社会のプレッシャー、パートナー、家族、仕事などを理由に自分で勝手に自分自身の行動を制限して選択肢を狭めてしまう傾向にあるように思えます。なので、揺れ動く時期の女性が輝ける旅、いつだって人生は新しく開かれる旅、というのをコーデイネートしていけたらと思っています。

 

ペルー料理にインスピレーションを受ける旅の後、ペルー料理のお店を出したお客様

前原未季

個人のお客さんを相手にというよりは、少人数のグループのリトリートツアーのようなイメージですね。ペルーに案内したお客様は「ペルー料理にインスピレーションを受ける旅にしたい」ということで、現地の料理教室に行ったり、コーヒー農園を見に行ったりして、帰国後に本当にペルー料理のお店を開いたんです。私と一緒に行くことで違う世界が見られそう!と普通にはないワクワク感を期待してくれたり、私の価値観やネットワークに興味を持ってくださる方が多いですね。

 

旅に行くと、目から鱗じゃないですけど、世界はこんなにカラフルなんだって思うんです。そして、人が何か新しいものに出会うときって目が変わって、意識や考え方も本当に変わるんです。それは旅の中での小さなことかもしれないけど、それが人生に影響を与えたりもする。なので、旅をコーディネートすることで、お客さまの人生に何らかの化学変化を起こすきっかけになれることが一番うれしいですね。それはその方たちだけじゃなくて、私自身の変化でもあるので。

前原未季