GYDA店長からminkディレクターへ!孤独の先には仲間がいた【ファッションディレクター/前坂美音さん】

前坂美音

109のGYDA(ジェイダ)を退職後、オンラインショップminkを立ち上げた前坂美音さん。

カリスマ店員としていつも賑やかだった日々から一転、1人ぼっちで働くことになり、常に孤独だったといいます。

その孤独を乗り越え、現在は#girl(ハッシュガール)のバイヤーも兼業。その充実した生き方のほか、Instagram活用のコツもお話ししてくださいました!

長年の夢を諦められず……

学生時代からずっとアパレルの仕事がしたいと思っていて、高校・専門学校と、アパレル専門の学校に通いました。ただ美容にも興味があったので、まずエステサロンに就職したのですが、やはりアパレルの夢を諦めきれず……。

GYDAの店舗スタッフに応募し、1年半ほどで店長をやらせて頂くことになりました。アパレルのノウハウを学ぶ中で、徐々に自分のブランドを立ち上げたい気持ちが芽生え、独学でオンラインショップの勉強を始めたんです。

自分はブランドという枝の先の一部だった

前坂美音

前までの働き方は、人からお願いされて動くという形でした。

でも自分でショップを経営すると、自分自身が看板であり、自分がすべて。ダイレクトにお客様の感想が入ってきますし、結果が目に見えてわかる点にやりがいを感じます。この人3回も買ってくれてる!と、データで全部わかりますからね。

現在はminkも会社という組織になり、自分が経営しているわけではなくなりましたが、仲間に恵まれているのでありがたいです。一緒に働きたい人と働けているなんて幸せですよね。

孤独だったからこそわかること

ブランド立ち上げ当初の目標として、「時間とお金を自由に使える生活をする」と決めていました。でも、1人ぼっちでそれを成し遂げたとしても、充足感が無かったんです。

GYDAの頃は仲間がいたし、チームワークで仕事が成り立っていました。個人事業主という形になってからは常に孤独で。

店舗スタッフだった頃は、お客様とコミュニケーションを取ることにやりがいを感じていたので、1人で仕事をするのが本当につらかったです……。

その孤独を経験したからこそ、人の大切さ、仲間の素晴らしさというものに改めて気づきました。つらかったけど、成長した時期でもありますね。

前坂美音