現役キャリアアドバイザーに聞く!働く女性のカッコイイ生き方【アイムファクトリー株式会社/宮田望さん】

宮田望




アイムファクトリー株式会社でキャリアアドバイザーを務める宮田望さん。現在の仕事に至るまで、心折れる黒歴史があったそうです……。彼女の理想の「働き方」とはどのようなものなのでしょうか?

勉強も遊びもバイトも!充実した学生時代

記者やライターなどメディアの仕事に憧れて、人気の女性アナウンサーも卒業した大学に入り、現代社会学科で学んでいました。ここならメディア関係のお仕事に就けそう!と思ったんですよね(笑)。

1年生の終わりごろに友達に誘われて個人経営のエステのバイトを始めたところ、上司の女性マネージャーがとても仕事のできる人ですごく刺激を受けました。その方が経営者に近い立場で働いているのを間近で見て、経営にも興味が湧いたのを覚えています。

楽しく勉強とバイトをして、学生らしくサークルやイベントにも参加して。実りある学生時代を過ごしていたと思います。

大きな物件のオーナーってどんな人?不動産に興味が!

就活では志望していたメディアのほか、化粧品会社なども受けたのですが振るわず……就職支援課から紹介を受けた不動産の仕事に就くことを決めました。

その会社は賃料50万円以上の大きな物件を取り扱っており、どのような人がオーナーになるんだろう?と興味が湧いたんです。立派な物件のオーナーを務める方とお会いできる仕事なら、きっと自分にとって良い経験になるだろうと思いました。

仕事内容は営業だと聞いて入社したのですが実際営業と呼べる仕事は1/3程度しかなくて、設備管理やクレーム対応などの業務が主でした。これちょっとずるいですよね!(笑)

もう一度チャレンジ

勤めて3年近く経った頃でしょうか。先輩も上司も面倒見良く、人は優しくて良い会社ではあるのですが、上に女性社員がいないことや、産休・育休から復帰する場合派遣になってしまうような社風にちょっと違和感を感じていました。

元々3年勤めたらもう一度メディアの仕事にチャレンジしようと思っていて、大きなマンションの案件があったので、これを全て賃貸で埋めることができたらキリ良くそのときに辞めようと決意したんです。

営業の甲斐もあって無事に全てのお部屋が契約でき、予定通りメディアとの関わりが深いイベント会社へ転職しました。

黒歴史を乗り越えて……

宮田望

結論から言うと、イベント会社は3ヶ月で辞めました。今思えば相当無知な状態で転職してしまったなと……。私の人生で一番の黒歴史だと言えるかもしれません。

セクハラやパワハラが当たり前のようにあり、これはやばい会社だー!って(笑)。不動産会社の先輩や上司と同じ年代の人たちなのに、その人間性の差には驚きましたね。

もう一度不動産に戻ろうかなと考えたのですが、なんとなく戻ったところで自分のためにならないような気がして。

その頃キャリアアドバイザーにいろいろ相談していたのですが、ふと「あっ、私この仕事できそう」と感じたんです。後に紹介されたのが現在のアイムファクトリーでした。

やっぱり綺麗な人は仕事もできる

紹介された当初はあまり興味を持っておらず受けなかったのですが、袖山が当時雑誌に出ているのを見て心変わりしました。綺麗な女性は仕事ができるんだなと思わされて。

ここは社長もナンバー2も女性なので、女性の良いところ、逆に悪いところもしっかり見抜いていて、面接でもその通りだなと共感できる話がたくさんありました。どちらもお子さんがいますし、仕事と育児の両立という面でも、働く女性として尊敬できます。

自分も結婚・出産後に仕事を辞めるという選択肢はありません。きちんと成果を上げているならリモートで働くのも可能だと思うし、スキルさえあれば会社に所属しなくても働ける時代ですからね!

人の心を動かすのは、物を売るよりよほど難しい

宮田望

現在はキャリアアドバイザーとして求職者にお仕事を紹介することがメインですが、その他にメディア関係についても現在は挑戦中です。

この仕事をしていて思うのは、やっぱり「転職してよかった!」と言われるのは嬉しいということ。相談を受けていた人が無事仕事が決まったときはすごくやりがいを感じます!自分が転職で失敗しているからこそ同じ気持ちになれますし、いろいろな企業、いろいろな人と関わる機会が多かった不動産の経験も役立っていますね。

ただ、全てが思い通りになる仕事ではありません。人間相手のことなので、相手には意思があり、それを尊重しなければいけないからです。一人の心を動かすより、このコップ1つ売るほうが圧倒的に簡単だと思います(笑)。

まだまだこの仕事を極めたわけではないですが、自分の能力がどの程度か客観的にわかるようにはなったので、いつか独り立ちできるようなスキルも身につけていきたいですね。

可愛いだけじゃなく、しっかり動ける人間になろう

日本はまだまだ男性社会で、男性のほうが女性より責任ある仕事を任されている状況です。

女性は感情的だとか、どうせ結婚して辞めてしまうとか、そういったネガティブなイメージを変えるためには、とにかく立ち止まらず動くこと!

20代のうちはもちろん上の人から可愛がられますが、「若い女の子」としてただ可愛がられるだけの女性ではなく、きちんと能力を評価してもらえる一人前の人間になりましょう。

どんどん自分から動いて仕事のパフォーマンスを上げていけば、その先には自由な働き方が待っていますよ♪

宮田望
プロフィール

宮田 望

アイムファクトリー株式会社(http://www.aim-factory.com/)にてキャリアアドバイザーを務める。趣味はバスケやマラソンなど体を動かすこと。休日には6時間ほど運動の時間を作り、汗を流す。






宮田望