元声優のリアルな悩み……会社員になりたい!を叶えたのは、想いの力【株式会社サンライズ/大原桃子さん】

大原桃子




元声優で現在株式会社サンライズ勤務の大原桃子さん。
不安定な役者という職業を続けていくことに悩み、会社勤めを選択しますが、会社員経験がないため苦戦してしまいます。
そんな彼女が、憧れの企業サンライズで働くことになった経緯とは……!?

ポイントは……

  • 一人で生きていくにはどうすれば…
  • 働きたい会社に想いを伝える!
  • 小さなことでも真剣に

ファンへ情報を届ける重要ポジ!

大原桃子現在はサンライズ公式のWEB運営を担当しています。
作品に関する情報をいち早く届ける仕事です。ファンに向けて情報を発信できるというのは、とても重要なポジションですよね!ただ、オフィシャルとしては誤字やほんの少しの間違いも許されないので、緊張感を持って日々勉強しています(笑)。

声優を目指したきっかけは、「アニソン歌手になりたい!」

学生時代は、自分が会社で働くイメージが湧かずにいたので、ラジオを聴いていて興味を持った「声優」という仕事に挑戦することにしました。
当時、好きな声優さんが歌手としても活躍していたこともあって、「声優になればアニメの主題歌など色々な仕事が出来るかもしれない!」と思い、専門学校に履歴書を送りました。
業界に入ってからは、その先のことは特に考えてなかったですね……とりあえず声優を10年やってみよう、20代前半は好きなことやろう!という感じで。

キャリアのない自分に不安……。

大原桃子声優時代、ぱったり仕事が途切れてしまった時期があります。
声優は収録が無ければ休みという、比較的自由な生活スタイルでした。しかし仕事が途切れたことで、もうこのまま次の仕事は無いのでは?と転職を視野に入れるようになったんです。
結婚をゴールと考えてるわけでもないので、この先一人で生きていくにはどうすればいいんだろう……ちゃんと働かなきゃ……と。
アルバイトもサービス業しか経験がなく、一般的な会社員としてのキャリアが自分にはありません。求人サイトを見たり就職について調べてみると、未経験女性が雇ってもらえるのは27歳くらいが限度だなって。30歳を過ぎたらもう就職できなくなってしまうんじゃないかと怖くなり、自分が28歳になる事をきっかけに転職活動を始めました。

ここで働きたいという、熱い想いをぶつける

大原桃子声の仕事をやっていたときも、アフレコはあくまでも「アニメ制作の一部」だと考えていました。他にもアニメに携わる方法はありますし、とにかく自分が働きたいと思える会社に応募してみようと思って、アニメ関係の企業を3社受けました。
就職経験もなく、最初は履歴書や職務経歴書の書き方もよくわからず2社は書類選考で落ちてしまったのですが、3社目のサンライズでやっと面接に辿り着き、採用していただけました。
キャリア面では書けることがなかったので、自己PRとして「御社の作品が大好きです!」という想いを思い切りぶつけてみたんです。面白いやつだと思っていただけたのかもしれません(笑)。
大事なのはテンプレ通りに書いた履歴書や台本通りの受け答えではなく、「働きたい」という気持ちをストレートに伝えることなんだと思います。

仲間たちみんなでエンドロールに載る夢

自社の作品をファンに近い距離で宣伝していきたいですね。作品のことが好きだからこそ、本気で宣伝できるんだと思います。声優としてエンドロールに名前が載ったことはありますが、今度は制作会社の人間として載るような存在になりたい。
仲良しな役者仲間たちと、働く現場が変わった今でも、みんなで一緒に同じ作品のエンドロールに名前が載るように頑張ろうと約束しています!

経験は必ず自分の力になる

大原桃子私、バイトは色々やりましたが、絶対3年は続けるようにしていました。ちょっと古い考え方かもしれませんが、とりあえず仕事は3年続けたほうが良いと思います。
一通りこなせるようになるまで1年、さらに気付きがあって伸びるのが2年、そして自分にとっての仕事を深く理解できるようになるのが3年。
だからその仕事について理解する前に1~2年で辞めてしまうのはもったいないし、自分に合ってる・合ってないは、理解してから判断できるようになることだと思うんです。
違う職種に転職しても、過去の経験が活かされることって必ずあります。小さなことでも真剣に向き合っていれば、いつか自分の力になってくれますよ!

プロフィール

大原桃子

大原桃子

2016年に声優業を引退。現在は株式会社サンライズに勤務。

アニメ・漫画をこよなく愛し、自転車少年漫画の影響でロードバイクを購入。乗り始めて4年になる。
「あとは仕事が趣味みたいなものです(笑)。」と言うほど、アニメを好む。






大原桃子