ダンサーの夢を追うパラレルアルバイターに聞く!最高にお得な仕事の選び方【パラレルアルバイター/坂田夏巳さん】

坂田夏巳

掛け持ちでアルバイトをしている人も多いと思いますが、思い浮かべるのはWワークくらいではないでしょうか。
今回お話を伺ったのは、ダンサーの夢を追いながらも常に4ヶ所以上で働いている、言うなれば「パラレルアルバイター」の坂田夏巳さん。
いろいろな職業を経験したことで得られたものとは……?

幼少時のときめきからダンスの道へ

チャンスがあれば踊りたいので、基本的にはバイトしながらダンサーのオーディションを受ける、という生活スタイルを続けています。
4歳くらいのときにテーマパークでショーを見て、「ここで踊りたい!」と思ったのが始まりです。その後バレエとジャズダンスを習って、オーディションを受けられる年齢になったので応募しました。結果は惨敗!自分のダンスがここまで通用しないとは思わず……。
高校卒業後はダンスの専門学校に入り、いろいろなジャンルのダンスを学びました。あの憧れの舞台に立つにはそれが一番近道だと思ったんです。

とにかく時間を無駄にしたくない!

坂田夏巳

いつもたくさん掛け持ちしていて、現在の仕事はクラシックバレエの講師、体操スタジオのアシスタント、イタリアンレストラン、ホテルのクローク、あと派遣を少し。
限られた時間を有効に使いたいので、空いたところには全部仕事を入れている感じです。
丸1日休みなのは月に2回くらいしかないですね。家でぼーっとしているだけだと時間がもったいなく感じてしまって。でも休みたいと思えばシフトを調整できるので、そういう風に融通がきくのは掛け持ちならではだと思います。

坂田夏巳