好きな人がいても行動に起こせない?今から始める「誘える自分」の作り方【ライター/トイアンナ】

ボディタッチ




こんにちは、トイアンナです。「好きな人がいるんだけど、自分から行動を起こせない」というご相談、よくいただきます。女性からだけいただくのではなく、男性からもいただきます。いまは男女共に受け身な時代。たとえ両思いだったとしても「受け身 vs 受け身」でお互いに行動を起こせず、そのまま消滅する恋も少なくないのです。

 

もしこの状況を打破して付き合いたいなら「誘ってもらう」ことを諦めて、自分から誘うしかない……のですが、オクテ女子にとってはエベレストより高い山ですよね、それ。というわけで今から始められる「デートに誘える自分」を作る訓練方法をご案内します。

 

誰でも始められるボディータッチ3選

結論から申し上げます。「誰にでもできるスキンシップ」を増やしましょう。たとえば普段からボディータッチが激しい女性は、好きな人へも触れられます。しかし普段から誰にも触れないなら、好きな人の手を握るなんてとんでもない! と思うはず。

 

だからこそ、普段から「恋愛感情が一切わかない相手」へもできることを増やしていき、好きな人ができたとき自然にふるまえるよう訓練してください。初心者さんには、まずこれらをお勧めします。

 

  • 「髪の毛にゴミついてるよ」と取ってあげる
  • 相手が早足のとき「ちょっとまって」と鞄や服の裾を握って止める
  • ツッコミを入れるとき、かなり軽くチョップする

 

これなら、「日常会話でちょっと接点がある」くらいの接触ですし、相手も勘違いしません。このレベルのボディータッチができれば、今度は好きな人へも同様にふるまえます。

 

誰にでもできないことは、好きな人へ絶対にできない

同様に、ただ仲のいい男友達と1対1でご飯へいきましょう。恋愛相談をしましょう。二人で仲良く飲んで解散しましょう。こういったことを「恋愛対象でない相手」と徐々に積み重ねれば、本命相手へも同じことができます。

 

ご飯へ誘おうが、一緒にイベントへ行こうが友達と同じようなふるまいをやっているだけ。一緒に過ごした結果「この人、私に興味ないな」と気づいても、静かにフェイドアウトできるのです。

 

気のない相手にできないことは、好きな人へ絶対にできません。まずは異性の友人へできることを増やしていきましょう。そして「全然平気」と思えたら、今度は好きな人にやってみればいいのです。こうして少しずつできることを増やしたら、デートへ誘えるあなたになれます。最後はぜひ気になる彼をご飯に誘って、脱・オクテ女子を達成してくださいね。

 

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10






ボディタッチ