心のどこかに残る、元彼に対する思い……未練のサインや特徴を知ろう

元彼に対する思い

恋愛は、すてきなものです。恋をすると幸せな気持ちになりますし、毎日が輝いて見えるもの。ですが、全ての恋が成就するわけではありません。付き合うことになっても、何らかの事情で別れてしまうことだって、少なくありません。そしてその中には、別れた後も相手のことが忘れられない人もいるはず。今回は、そんな「元彼に対する未練」のサインや特徴について見ていきたいと思います。

「未練」とはどんな感情なの?

一般に「未練」とは、「執心が残って思い切れないこと。あきらめきれないこと(大辞泉より)」という意味。「未練がましい」なんて言葉がありますが、つまりは「ある物事について執着して諦められないこと」なんですね。

恋愛でなくても、未練があるという事もあります。例えば、何かがあって壊れてしまったものへの諦められない思いや、辞めた会社への思いなども未練に当たります。

こと、恋愛においては、別れてしまった相手に対して、また付き合いたいと思ったり、まだ好きでいるという感情を指します。これは、相手への思いが強ければ強いほど色濃く出てしまうもので、未練が邪魔をして新しい恋人ができなかったり、次の恋人ができても前の人と比べてしまったりするのです。

未練が残る理由は「別れ方」にあった!

未練が残ってしまう最も多いケースは、お互いに納得して別れられなかったというもの。

彼のほうから一方的に別れ話を持ち出されて、自分は納得できないままに別れてしまうことになった場合、自分が伝えたいことを相手に言えないがゆえにしっかり気持ちの整理をすることができず、未練を残す原因に……。

元彼に対する思い