社内恋愛を賢くするために気を付けたい4つのポイント!!

社内恋愛を賢くするために気を付けたい4つのポイント!!




結婚する前に、彼と同棲してもっとお互いをよく知りたいと思っている人も多いと思います。まだ結婚もしていないし、プライベートなことだからわざわざ会社に報告することもありませんが、手当てなどが今まで通り支給されなくなることもあります。ここでは同棲によくある気を付けたいポイントをご紹介します。

社内の人と同棲すると住居手当はもらえるか?

会社の福利厚生制度の一つとして住居手当があります。住宅手当はおよそ1万円から2万円ほどが相場になっており、家賃の一部を会社が負担してくれる場合と、住宅ローンの返済を補助する2つのケースがあります。同棲をしていても住宅手当が支給されるのがほとんどですが、彼かあなたの内どちらか一人に支給されるのが一般的です。なぜなら、住宅手当は部屋を借りている名義の人に対して支給されるからです。住居手当を申請する時には、賃貸契約書と住民票を提出しなければいけないので、契約書を見れば名義が誰なのかがすぐに分かってしまいます。
本来住宅手当は、家賃全額を支払っている人に対して支給される制度です。したがって、同棲などで家賃を折半している場合は片方が対象から外れてしまうのがほとんどです。ただ住民票の提出だけで良かったり、申請者の名前と賃貸契約者の名前が違っても良いという場合は両方とも支給されます。

同棲をする時の住民票はどうしたら良い?

同棲を始めて会社に知られたくない場合、住民票をどうしようかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。会社はそこで働くスタッフの住所や連絡先を知る権利があります。したがって住民票を移す場合は勤務先に報告する義務があり、実際の住所と違う時は懲戒解雇の理由の一つになります。
どうしても会社に同棲していることがバレたくない時は、世帯を別々に登録する方法があります。複数の世帯が同じ住所に住めるのか疑問に思われる人もいるかも知れませんが、家族以外の人がいろいろな事情で一緒の家に住むことはよくあることで、実際にこのようにして暮らしている人は多いです。役所に転出・転入届を出す時も、同居人ですと言えば納得をしてもらえます。同棲をしていてもしばらくの間結婚の予定がないのなら、手続きなどは面倒ですが自分の名前で住民票を登録した方がいろいろな面で便利です。
もう一つの方法として、一方を世帯主にしてあなたが同居人として登録することもできます。結婚はしていなくても生活費をともにしているなら、住民票を一つにすることができます。書類上でも続柄の欄に「未届けの妻」もしくは「同居人」として記されます。このまま結婚すれば、表記に線が引かれ妻と書き直されます。もし結婚をしなかった時は、同じ市内で住民票を移す時は表記は残されたままになります。記載された内容が消されるのは、市外に引っ越しをした時です。もしもの場合を考えて少しでも不安があるようなら、最初から住民票は別々にしておいた方が良いでしょう。

会社に同棲していることを伝えるべき?

会社には従業員の管理義務があるので、緊急連絡先の報告は必要です。ただ同棲をしていることを伝えるかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。実際に会社に報告しなくても同棲することは可能です。ただ自分自身が「もしバレてしまうとどうしよう」などと後ろめたさがあるのなら、時間が経つに連れて精神的にきつくなるのは目に見えています。仕事をしていてもソワソワと落ち着かなかったり生活を楽しめないようなら、せっかく大好きな人と一緒に暮らしているのに勿体ないことです。もし会社の雰囲気がオープンで信頼できる人たちがいるようなら、話した方が良い方向に進むことがあります。逆に職場の人たちが同棲に理解を示してくれない雰囲気なら、話さない方が良いでしょう。仕事でミスをした時なども、同棲をしているから仕事に悪影響が出ていると思われる可能性もないとは言い切れません。会社に報告をしたくない時は、親に事情を説明しておくことは気を付けたいポイントです。会社から実家に緊急の連絡が入るかも知れないし、親が会社に連絡をするかも知れないからです。会社は自分が思っているほどは同棲を重く受け止めないかも知れませんが、いつもドキドキしているよりも始めからオープンに報告できれば、職場の人たちのサポートも期待できるかも知れませんし、いろいろな面でやりやすくなることは事実としてあります。

近い将来結婚を考えている場合、上司にだけは報告を!

社内恋愛を職場の人たちに知られたくないという人は少なくありません。同棲は決して悪いことではないのですが、仕事をしている人たちの中には、職場にそのような恋愛の話を持ち込んでほしくないと考えている人もいます。また職場恋愛に理解がないと格好の話題にされ、仕事がしずらくなる可能性もあります。同棲していることを会社に内緒にしている人は、二人の間でバレないようにルールを決めておくことが大切です。職場の同僚にうっかり引っ越しをしたことを言ったために、同僚の人がわざわざ引っ越し祝いに来たことで同棲していることがバレたということもあります。どうしても秘密にしておきたいなら、住所を移ったことは職場の人たちには言わない方が良いでしょう。出勤をする時間も同棲をしている人たちは注意が要ります。同棲をしていると出勤時間がかぶってしまいがちで、バレる原因の上位に入っています。同棲を隠すには、出勤時間や帰宅のルートなど、神経を使わなければいけないことがたくさんあります。ただ、あくまでも会社は仕事をする場所なので、お互いにいくら好き同士でも、スキンシップをしたりプライベートの話をすることは社会人として考えものです。仮に社内で公認になったとしても、職場である程度の距離を保つことは回りに不快な思いや気を遣わせないための大人としてのマナーと言えます。
近い将来に結婚を視野に入れた同棲は、直属の上司にだけは報告をしておいた方が良いでしょう。職場恋愛から結婚に発展することは良くあり、結婚が決まった段階で報告しても何故早く知らせなかったと思われてしまいます。特に異動が多いような会社であればなおさらです。現実的に結婚まで到らないかも知れませんが、結婚の有無は異動を決めるに当たって、自分たち自身はもちろん会社にも影響を与えることになるからです。結婚を前提にした同棲は、上司に知ってもらうことでスムーズに進む事柄が多く、知らせないよりもメリットは大きいです。






社内恋愛を賢くするために気を付けたい4つのポイント!!