友達に相談しすぎると、失恋する確率は上がります【ライター/トイアンナ】

友達に相談

どうすればいいか、は聞いてはいけない

逆に友達へ相談しないほうがよいのは「どうすればいい?」というオープン・クエスチョンです。友達はあなたの代わりに恋をすることはできません。彼へどう振る舞えば恋が実るか、100%成功する指示など出せないのです。

 

さらに友達が複数いると「どうすべきか」に対する答えも食い違いますから、どの友人を尊重すべきか悩むはめになるでしょう。すべての友人の意見を参考にした行動などありえません。ある人は「彼は絶対に好きだと思う。このまま行っちゃおう」と言い、もう一人は「彼にとっては遊び相手かもしれない。ここは慎重に」とアドバイスするかもしれません。この状態で友達へ相談しても、聞けば聞くほどわからなくなります。

 

そして大抵は、自分にとって一番楽な選択肢を選んでしまうのです。自分にとって楽な選択は「受け身になって相手のアプローチを待つ」「いっそ好きじゃない振りをする」など、恋愛の成功確率を下げるものばかり。積極的に行動するようアドバイスした友達は、あなたの行動を見てうんざりしてしまうでしょう。

 

あなたが幸せになりたいなら「自分がどうしたいか」はハッキリ定めてから相談しましょう。あなたの人生は、あなただけのものです。友達に運命を託さず、アドバイスを参考にできる人となってください。

 

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10




友達に相談