スペイン風の情熱的な序奏とロンド・カプリチオーソ!【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠




スペイン風の情熱的な序奏とロンド・カプリチオーソ!

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
今回はサン=サーンス作曲、序奏とロンド・カプリチオーソをご紹介します。通称、“ロンカプ”と親しまれているこの曲は、近年、音楽漫画で取り上げられ、映画化されて一躍有名になった曲でもあります。

カミーユ・サン=サーンス(1835-1921)について

フランスの作曲家でピアニスト、オルガニストとしても活躍しました。幼少期から天才と謳われ、音楽だけにとどまらず天文学や数学、絵画などの音楽以外の分野でも活動できるほどの博識な人物だったようです。

なぜスペイン風?

この曲はスペイン出身のヴァイオリニストのパブロ・サラサーテのために作曲されました。そのためスペイン風の要素を取り入れた仕上がりになっています。

序奏とロンド・カプリチオーソ イ長調 作品28


まずゆったりとした2拍子の穏やかで幻想的な雰囲気の中、序奏が始まります。その後、情熱的なロンドへ続きます。終盤にはヴァイオリンのカデンツァが重音で挟まれ、その後一気に最後まで駆け抜けていきます。
曲名のカプリチオーソはカプリチオ(capriccio)「奇想」の形容詞化でカプリチオーソ(capriccioso)となり、「気まぐれに」という意味になります。
場面が次々に変わっていき、気まぐれさを感じることができますよね。

ビゼーによって編曲されたピアノとヴァイオリン版


ドビュッシーによって編曲された2台のピアノのために編曲した2台ピアノ版


いかがでしたか?ヴァイオリン以外のアレンジも楽しいですね。特に、ヴァイオリニストの演奏会のプログラムによく組まれる人気のコンサートピースです。生で聴いてみたい方、チェックしてみてください!次回もお楽しみに!

 

<プロフィール>
月元 ハルカ
長崎県出身。3歳よりヴァイオリンをはじめる。田代典子、木野雅之各氏に師事。これまでに、エドゥアルド・オクーン氏、豊嶋泰嗣氏、大山平一郎氏、ロバート・ダヴィドヴィチ氏、ハビブ・カヤレイ氏、加藤知子氏、小栗まち絵氏のマスタークラスを受講。また、ながさき音楽祭、球磨川音楽祭、霧島国際音楽祭、NAGANO国際音楽祭に参加、マスタークラス修了。各地で演奏活動を行う。西南学院大学 国際文化学部 卒業。現在、福岡教育大学 大学院 音楽科 修士課程修了。各地で演奏活動を行う傍ら、後進の指導を行う。クラシックをより身近に感じてもらうためのコラムサイト『COSMUSICA』(cosmusica.net)にて、連載「映画で学ぶクラシック」執筆中。






月元悠