30代の平均年収400万円で、いくら貯蓄額があれば安心できる?

平均年収400万円

30代はいわゆる働き盛り。そんな人たちにとって気になるのは「貯蓄額」ではないでしょうか。将来、いったいいくら貯金があれば安心して過ごせるのでしょうか。1カ月にいくら貯金すれば、目標の金額になるかわからないと思う人もいるでしょう。今回は、30代の平均収入である年収400万円を稼いでいる人の「貯蓄額」について見ていこうと思います!

30代の平均貯蓄額はだいたいいくらくらい?

なかなか聞けないけれど、みんなが気になっているのが「みんなだいたいどのくらいの額を貯金しているの?」ということではないでしょうか。
30代の平均貯蓄額は、380万円前後(金融広報中央委員会のアンケート調査による)なんだとか。年収400万円あれば余裕のある生活が送れるので、その分、しっかり貯めているようですね。

年収400万円とすれば、平均貯金額になるために何年かかる?

年収400万円は、国税局の調査によれば、30代全体の平均年収なんだとか。仮に、平均年収が400万円だとしたら、どのくらいかければ平均貯金額を貯められるのでしょうか。

まずは無理せず月に3万円貯金してみよう

300万円以上の貯金をするのは、長期的な視野が必要になります。23歳で働き始めたとして、12カ月×7年で割ると、大体平均4,5万円程度を一カ月に貯金していることになります。
ですが、20代のころはお給料もそれほど多くはないので、月に4,5万を貯金するのは大変なもの。貯金を長続きさせるのには、無理をしないことが一番の秘訣。はじめは1から3万円ほどの少ない額からスタートし、徐々に金額を増やしていくのがいいでしょう。
この計算では、大体長く見積もって7から10年ほどでこの貯蓄額になるようです。

平均年収400万円