しっかり考えておきたいキャリアプラン!書き方のポイントは?

キャリアプラン

どんな人生を歩みたいか。それを明確にするのがキャリアプランです。なぜキャリアプランを立てる必要があるのか、いつやるべきなのか、書き方のコツはあるのか。誰でも出来るキャリアプランの組み立て方を紹介します。

キャリアプランとはどういうものか

25歳で結婚し、27歳で子供を持つ。結婚相手は年収800万で都内の3LDKマンションに住む。このようにかつて将来を想像したことが誰しもあるでしょう。具体的な手段でこれらを達成する為のスケジューリングがキャリアプランと言います。現在持ち合わせている条件をもとに何をどうすれば上述のような目標が達成できるか見える化します。例えば25歳で結婚するには2年間の交際期間が必要。交際相手との出会い・友人関係でいる期間は1年などと考えれば、22歳の時点で結婚相手と出会う必要があります。出会いの場が必要になるので、学校なのかバイト先なのか、それとも旧友なのか。どれくらいの頻度で人と会う機会があるのかをブラッシュアップしましょう。また30歳で年収800万を望むなら、それを達成出来る企業に入社する必要があります。入社するために必要な学歴や資格などが見えてくるでしょう。就職活動における自分の軸がこうして出来上がります。

キャリアプランンはいつ立てる?

早いに越したことはありませんが、何時でも構いません。ただ、現実的なキャリアプランを立てるためには、就職を考えたときや、転職を考えたとき、結婚など人生の岐路に立ったときなどが中心です。また自分と境遇が似た人や理想的で憧れる人がいればそれと自分を照らし合わせる事から始めるのも良いでしょう。厳密に言えば常にプランを立てる・変更することが必要でしょう。キャリアプランに限らず、プロジェクトなど遂行する際は上手くいかないことが多々あります。その状況に応じた最適な判断を下すには、価値観は大切にしつつも既存計画にとらわれず思い切った変更が大切です。例えば海外旅行で水の大切さに気が付くように、普段当たり前のように存在する物の価値に気付いたとき、気持ちが大きく揺さぶられるものです。身内の不幸や思わぬアクシデントなど人生には予想がつかない出来事が多々起きます。人生をより素敵にするには常に将来を考えながら行動するのが最善策の一つです。

面接でキャリアプランを問われる理由

就職転職活動における面接でキャリアプランを問われることがあります。その意図は、価値観を知る為です。 具体的な期日やゴール設定をした背景を知る事で、その人が人生において何に重きを置いているのかが見えるからです。会社には経営方針や雰囲気・カラーがあり、それぞれの価値観があります。面接官次第で捉えられ方が変わりますが、相性が合うかどうかを知りたいのです。例えば、ジョブローテーションを通じて知識を多く保有してもらい、将来経営幹部になって欲しいという狙いがある、出張転勤が頻繁な会社を受けたとします。しかし就職希望者は早々に家を買い、家族と暮らす事を計画していて、給与や待遇の良さを見て志望したとしましょう。仮に入社してもお互い嫌な思いをするのは明確です。どんな人格なのかを知るためにも未来だけではなく過去の出来事もブラッシュアップしましょう。学生時代のクラブ活動でキャプテン経験が豊富ならリーダーシップに期待が出来ますし、何よりどんな仕事に向いているかが見える化できます。キャリアプランを通じて自分にとって最も大切な事を明確にしておかないと、質問された時につまずきかねません。

キャリアプランの具体的な書き方

書き方のコツは、まずは自分が欲しいもの・やりたいこと・なりたいものを好き勝手に書き出すことです。枠に嵌らないほうが、アイディアが出やすい傾向にあります。インターネット上のプランシートを用いるのも良いでしょう。続いて達成日時を明記しましょう。優先順位や体力面を考えると決めやすくなります。課長になる為に必要な知識・実績を得られるにはいつどこで誰とどんな仕事をすれば良いか。5W1Hに沿って書き出してみましょう。日程的に厳しそうに感じたら、また日付を変更すれば良いです。これを繰り返していくうちに実現可能性が高まります。アイディアがわかない人は、理想や参考になる先輩がどんな歩み方をしてきたかを聞いてみましょう。そのステップと今の自分の能力・実績の差を、目標までの日時に埋められるようにプランニングすれば良いです。

女性はライフプランと合わせて書くのがコツ

結婚や出産は人生に多大な影響を与えるものです。特に子供を持つと価値観がガラリと変わる方は珍しくありません。このようなライフイベントと共にキャリアプランを組み立てる事が効果的です。それにより、会社の育児制度やそもそもの立地条件など、生活に影響しそうな要因も見出す事が出来るでしょう。就職活動前にキャリアプランニングしていれば企業選びにも好影響です。生活に必要なランニングコストも試算出来るので必要年収も見えてきます。その給与を得るにはどのポストにいれば良いか、また結婚相手への要求内容も逆算出来るでしょう。

キャリアプラン