店員さんを好きになってしまった!自分を覚えてもらうためにするべきこと

店員さんを好きになってしまった!自分を覚えてもらうためにするべきこと

行きつけのカフェの店員さんや、会社に行く前に顔を合わせるコンビニの店員さん、お気に入りの美容室の店員さん。店員さんを好きになってしまった人のために、今回はどうやって自分をアピールするのかについて紹介していきます。

好きな店員さんに自分のことを覚えてもらうには

買うのは同じもの・同じ時間に

店員さんは、毎日多くのお客さんを相手にしています。そんな中で、自分が印象に残るためには工夫が必要です。

あなた自身のことを店員さんに覚えてもらうには、まずそのお店に通い詰める必要があります。それも、できれば毎日同じ時間に行って、同じものを注文するようにしましょう。そうすると、「このお客様はいつもこの時間に来るな」「この商品を買っていくな」と印象付けられます。

 

会話のチャンスを得るにはお客さんが少ない時間を狙って

同じ時間に行って、あなたの顔を覚えてもらえたら、急に別なものを買ったり、別な時間に行ってみてください。

行く時間は、できればお客様の少ない時間を狙いましょう。忙しい時間ではどうしても、店員さんもあなたと接したいと思っていたとしても、他のお客様の手前、長く話をすることはできません。アイドルタイムを外して、落ち着いている時間に行ければ、店員さんも少し話ができるかもしれません。

いつもの時間やいつものもの以外を買えば、会話の糸口にもなります。

店員さんを好きになってしまった!自分を覚えてもらうためにするべきこと