面接で印象を上げるポイント4選!

自己紹介

面接に進むことになったとき、不安になったのは最初の自己紹介って何を話せばいいんだろうと思いませんか。面接での自己紹介は必ず聞かれる質問。準備していないとうまく話すことができなかったり、逆に長く話しすぎて遮られたりと、失敗する人はとても多いのが現状です。

今回は、面接をよりよく終えるための自己紹介について、ポイントをご紹介します。

自己紹介をしっかり準備しなくてはならない理由って?

「自己紹介」というのは確かに自分の紹介ですし、準備しなくてもできるコンテンツの一つのように思えます。ですが、自己紹介は、最も面接合否を左右する指標になるのです。その理由は大きく二つ。自己紹介に続く質問を誘導することができることと、面接者に左右されず自分のペースでPRすることができることです。

簡潔な自己紹介は自分を魅力的に見せる!

魅力的な自己紹介には、その後の話をプラス印象にする効果があります。ですので、自己紹介は「短く」「シンプルに」が鉄則。簡潔な自己紹介は、面接者にとって聞きたいポイントを整理できることにつながります。

実際、自己紹介は1分以内、3分も話すとNGだと言われています。自己紹介が簡潔だと、面接時間を面接者との会話に使えることも多く、「短くまとめる」こともPRになります。

自分の良さをPRできる!

転職面接での自己紹介は、唯一「自分のペースでPRすることができる」場なのです。その後の面接では様々な質問があるかと思いますが、自己紹介の時間を使って自分のペースで話すことができれば、緊張もほぐれますし、面接官からのイメージもアップします。

短い時間の中で効果的にPRできるよう、しっかり準備してから臨みましょう。

自己紹介で印象をUPさせるポイント4選

さて、では、具体的に自己紹介で印象をUPさせるポイントはどんなところにあるのでしょうか。今回は4つに絞ってご紹介します。意外に簡単なことかもしれません。

具体的な例を挙げる

自己紹介の一番のポイントは「簡潔かつ具体的に」。

自己紹介は面接全体のつかみです。そこがふわふわとした印象だと、やはりその後の印象もあまり残らないもの。具体的に、自分が何をしてきたかをしっかり伝えることで、好印象を与えることができます。

始まりと終わりの挨拶を入れる

そんなこと? と思われるかもしれませんが、挨拶は、シンプルで最も好印象を与える言葉なのです。

初めのあいさつは忘れる人は少なくないでしょうが、終わりの挨拶をしっかり忘れずすることを忘れてはいけません。はじめだけではなくて終わりまでしっかりと、お礼を述べ、一礼をしてから退出することで、最後まで好印象を与えることができます。

明るくはっきりした声で話す!

これも、「そんなこと」?だと思いますが、面接の初めの自己紹介は緊張をしているもの。緊張をすると、人は声が小さくなったり、早くなったりして聞き取りにくくなります。実際の仕事現場でも、自信があり、しっかりとビジネス相手にも話すことができる人間である事を印象付けるために、実はとても必要なことなのです。

面接者の目を見て!

目を見て話すことは日常生活でも大切なことですが、特に自己紹介やPRにおいては、事前準備をすればするほど「覚えた自己紹介をそのまま話そう」とするあまり、目が泳いだりする事で、印象をぐっと下げてしまいがち。心のこもっていないセリフではないので、面接者の目をしっかり見て話すようにしましょう。

まとめ

転職面接の自己紹介について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

しっかりと面接者に自分を印象付けるために、自己紹介を「徹底的に準備し」「簡潔に1分以内に」PRすることが大切! ぜひ、成功に向けてトライしてみましょう!

自己紹介