できるビジネスマンなら持っている!傾聴力とはどんな能力?

傾聴力

ビジネスマンとして成功したい!と感じているなら「傾聴力」を鍛えるのがおすすめです。最近注目されている傾聴力はコミュニケーション能力を強化し、ビジネスシーンで多くの利益を生み出しています。今回はビジネスマンが身につけておくべき傾聴力について紹介します。

今どきのビジネスマンに求められる傾聴力とは?

「傾聴」というのは、カウンセリングの技法のひとつです。臨床心理学においての傾聴は「active listening」とも呼ばれています。注意深く共感を持って聞くことが傾聴であり、相手の話に耳を傾け積極的に聞くことで、表面的な意味だけでなく内に秘めている思いもくみ取ります。そういった能力は傾聴力と言われています。

ただ、傾聴というのは、じっと話を聞いているだけではありません。基本的には話し手が自由に感じたままに話すのを聞くのが傾聴です。上手く相槌を打ちながら相手の気持ちに寄り添い、話し手が受け止めてもらえたと感じるまで聴きます。途中でアドバイスや説教をしてしまうと、話し手の話す気力を失わせてしまうのです。話し手が満足できるまで熱心に聞き続けることが重要であるといえます。

傾聴力の「きく」はなぜ「聴く」なのか

「きく」には「聞く」「訊く」「聴く」の3種類があります。

まず一般的によく使われる「聞く」は、音や声を耳に受け感じ取ることです。意識していない状態で音や言葉が自然に耳に入ってくる状態であり、英語の「hear」に当たります。そのため「聞こえる」に近いといえるでしょう。

「訊く」というのは、自分の疑問を明確にするために答えを得ようと質問することです。「尋問」や「詰問」が同じ意味としてあげられます。

最後に「聴く」とは、注意して耳に入れることです。漢字を見ても分かる通り「耳」「目」「心」が組み合わせられて一つの文字を形成しています。つまり、耳と目と心をもって話を受け入れます。耳で声のトーンを感じ取り、目では表情やしぐさといった相手の様子を読み取ります。さらにそれを心で感じることが「聴く」なのです。傾聴力はこの「聴く」が非常に重要であり、コミュニケーションをとるために心から聴こうとする姿勢が必要とされます。

傾聴力