履歴書のサイズには何がある?どれを選べばいいの?

履歴書のサイズには何がある?どれを選べばいいの?

転職を考え、希望する企業に応募する履歴書を購入しにお店に行くと、サイズの違う履歴書が並んでいるのに気づくことがあります。大きさはひとつだと思っていた履歴書にサイズがあると、どの履歴書を選ぶのがいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。しかし、どうして履歴書には違うサイズがあるのでしょうか。また、そのサイズはどのように使い分けるべきなのでしょう。そこで今回は転職時の履歴書のサイズや、その選び方について詳しく紹介します。

履歴書のサイズには2種類ある!

これまでの学歴や職歴、志望動機などをわかりやすく記入し、採用担当者に自分をアピールできる履歴書はコンビニや書店、スーパーなどでも手軽に購入が可能です。そういった市販品として流通している履歴書はJIS規格(Japanese Industrial Standards:日本工業規格)で作成されているものが多くみられ、ある程度のフォーマットが統一されているものがほとんどであると言えるでしょう。しかしながら、履歴書にはA4サイズとB5サイズの2種類ありますので、購入の際には注意が必要です。A4の大きさを選ぶのかB5の大きさを選ぶのかは、提出先によっても変わります。希望する企業に失礼にあたらないためにも、履歴書を選ぶ際には慎重に選ぶのをおすすめします。

B5サイズとは?

履歴書のB5サイズの大きさは、ヨコ257ミリ、タテ182ミリに設定されています。履歴書というのは基本的には二つ折りになっていますので、これは片面の大きさです。用紙を開くとタテ257ミリ、ヨコ364ミリのB4サイズになることから、B4版やB版と呼ばれることもあります。B5サイズは、もともと江戸時代の美濃和紙の大きさがルーツになっていると言われています。そのため、日本や周辺国でしか存在しないサイズです。A4サイズの履歴書に比べると一回り小さく、コンパクトサイズであることから趣味や特技、自己PRなどを記載する欄を少なく設けてあるといった特徴をもっています。そのため長文を書くのが苦手な人や、職歴などが少ない場合にはB5サイズの履歴書が適していると言えるでしょう。

履歴書のサイズには何がある?どれを選べばいいの?