30代女性が知っておきたい貯金の仕方・増やし方!

女性30代貯金

30歳を迎えるにあたり、関心が出くるのが「貯金」。やはりいざというときに困らない程度の貯金はしておきたいですよね。
30代に適した目標貯金額や、どうすれば貯金が続けられるか、貯金したいのに、なかなかできない!など、悩ましいことも多いかと思います。
そこで今回は、30代で知っておきたい貯金の仕方などについて調べてみました。

30代はお金をいくら持っている?

平均的な30代の貯蓄はいくら?

金融広報調査委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、30代独身の平均預貯金額は、約475万円。国税庁「民間給与実態統計調査」を見ると、30代の平均年収は約414万円という結果が出ています。
つまり、驚くべきことに貯金≒年収という30代が少なくないということ! ですがその一方、平均年収よりも少ない貯金の女性も少なくないようで……。
30代の働く女性という限られたなかでも、貯金額にかなりの差があるようです。

30代のお金の使い道とは?

30代女性は「子供のための教育・勉強にかけるお金」が多くの割合を占めているようです。独身女性であれば、「趣味にかけるお金」や、「レジャーにかけるお金」の割合が高いよう。「自分のための教養・勉強にかけるお金」は、20代と比べてそれほど多くはないものの、今後の仕事や将来を見据えて、自己投資している人もいるようです。
そんななか、30代女性が将来を見据えた貯金をすることも忘れてはいけないお金の使い道の1つ。

お金を貯めるのに成功しやすい方法

貯金には目的が必要?!

貯金が大切であることは分かるものの、「ただ何となく貯金する」というだけでは、モチベーションも上がらずうまくいかないもの。金額を決めても、なかなか続かない……という方も多いのでは?
そんな方は、貯金額ではなく、貯金をする目的を決めると、成功の可能性がぐんと上がります! ただ「300万円をためる!」と金額を決めるのではなく、「資格取得のため」「結婚資金のため」など、ためる理由を明確にすることで、モチベーションが上がり、貯金へのモチベーションが続きます。同じ300万円をためるとしても、目的があれば、より前向きに貯金に取り組むことができますよね!

大切なのはモチベーションの維持

もちろん、貯金は大切ですが、貯金は貯めこむ行為の最たるもの。ですが人間は、ため込むだけではストレスが溜まってしまいます。目標にしていたある一定の貯金がたまったら、自分の成長に投資することが大事です! 自分へのご褒美を忘れないことで、さらに上の貯金を目指すことができます。

まとめ

いかがでしたか? 30代は仕事でも成果を発揮でき、給与も20代より高くなる時期。そのタイミングで、将来に向けての貯金をしておくのに越したことはないでしょう。
そして、ただお金をためこむよりも、上手にご褒美として、そのお金を自分への投資に使うのも大切!
よりよい貯金ライフを送ってくださいね!

女性30代貯金