転職の時は新卒と違う?女性の面接用スーツ

女性の面接用スーツ

女性が転職活動の一環として面接を受けるときには、リクルートスーツのように一分の隙もないスタイルにする必要はなく、むしろきちんとした印象で柔らかい雰囲気が必要です。こちらでは、社会人の経験のある人にお勧めのスーツをご紹介していきます。

そもそもスーツでなければ駄目?

就職活動の一環で面接を受けるとき、スーツを思い浮かべる人は多いです。実際、面接官の目から見ても、スーツ姿で挑む女性というのは気構えがきちんとしているように感じられますし、第一印象もしっかりしているという好意的なものになりやすいです。ただし、転職活動をしている場合には、単純にスーツ姿で面接を受けるという図式で考えるのではなく、希望する就職先や季節、自分の年齢や現在の仕事などを考慮して、似合うものを選ぶ方が高く評価されがちです。
基本的にはスーツが良いですが、就職後にオフィスで働くときに着用するようなビジネスカジュアルでも良いとされるところもあります。ただし、面接官に対する敬意や時間を割いてくれたことに対する感謝の気持ちは必要ですので、ジャケットを重ねてきちんとしたスタイルにしましょう。
特に20代後半以降の女性が転職活動をするときに避けたいのがリクルートスーツです。シンプルで初々しさを感じられるリクルートスーツは、若い年代の新卒が着用していれば好印象を与えられますが、キャリアを積んでいる社会人を雇いたいという目線から見れば経験不足というイメージを与えかねません。また、服装に頓着せず、昔のものをいつまでも使いまわしているとも見られてしまいますので、逆効果です。清潔感があって体にフィットしており、センスの良い服装であればほとんど問題ありませんが、逆に自分のビジネスマナーやセンスが問われる場面でもあります。

女性の面接用スーツ